本仮屋ユイカが主演を務め、飯島寛騎竹財輝之助小宮有紗が出演する連続ドラマ『マイラブ・マイベイカー』の第11話が、9月21日(月)にメ~テレ、9月24日(木)にカンテレで放送された(そのほかの放送局については文末に記載)。インターネット上では、竹財の演技に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

ジーンLINEで好評掲載中の、らくだによるコミック「マイ ベイカー」を実写ドラマ化した『マイラブ・マイベイカー』は、パン屋を舞台に、恋愛ベタな男女と 2人を取り巻く人々を描いた“ムズキュン”ラブストーリー。

本仮屋はベーカリーミミィ店⻑・小岩美々子、飯島はベーカリーミミィでアルバイトとして働いていたが、現在は北海道で小麦農家をしている北薫、竹財は美々子に思いを寄せるベーカリープロデューサー・柏木広、小宮は読者モデル兼ライター・立花彩乃を演じる。

美々子と北の再会に気づいた柏木は、美々子に内緒で帯広にいる北を訪ねた。北が作る小麦“ボーテ”の味を絶賛しつつ「これは美々子さんのために作ったんだろ? 君はそこまで美々子さんのことを……?」と質問。北の困ったような表情から柏木は北が美々子への思いを捨てきれずにいることを察するも、来月美々子と結婚することを告げる。

その後、北が作る小麦にこだわる美々子と、安定した供給がのぞめないことから、他の品種を薦める柏木との間に気まずい空気が流れる。美々子は店のスタッフと“ボーテ”と柏木が薦める小麦を使ったパンを試食するが、やはり“ボーテ”が一番美味しいという結果に。

そんな中、彩乃も北のもとへ行き、“ボーテ”を東京で代理販売するビジネスパートナーになる。彩乃が“ボーテ”を使ったバゲット作りを美々子に依頼している所へ、サプライズで北がやってくる。北は、美々子のバゲット作りを手伝いながら「俺、店長のパン作りの情熱に応えられるような小麦粉にしたいなって思って……。2年間そのことを考えて小麦を作っていました」と吐露。美々子が突然姿を消したことを咎めると「いろいろなことから逃げていたのかもしれません。でもこうして小麦を作って、ようやく自分と向き合える気がしました」と熱い思いを明かした。

そして美々子をバックハグすると「結婚……するんですか? しないでください。俺、美々子さんとまた一緒にパンを作りたいんです」と告白。美々子は手をふりほどくと「そんな勝手なこと言わないで! いまさらそんなことできるわけない」と拒絶するが、その気持ちは揺れ動いていて……。

その後、ミミィにやってきた柏木は北が店から出ていくところを見てしまう。柏木は「何かあった?」と美々子に質問するも、美々子は「ううん、何もない」とうそをつく。美々子の心変わりを恐れた柏木は結婚式の日取りを早めようと提案し、「美々子さん、1つ聞きたいことがある。今、君の頭の中には誰がいるんだ?」と問いただす。

ネット上では、誰よりも美々子のことを思い支えてきた柏木の焦りを見せはじめた様子に、「苦悩も葛藤もどの表現も素晴らしくて。。。今回ドラマいちヒロシを堪能しました」「今まで優しくてかっこいい柏木さんが、人間くさいものをはきだすだろうところが楽しみ」「私の中で柏木さんの株がめちゃ上がってるよ……上がってたんだけど、ここに来て北くん暴騰」などの声が。次回は最終話で「来週は……本当に辛くなりそう(;A;)悲しい柏木さん、見たくない……」と、柏木の行く末を心配する声もあがっていた。

次回は最終話。柏木のオフィスに現れた北は、ただ美々子と一緒にパンを作りたいと宣戦布告する。

■配信・放送情報
・ひかりTV 毎週金曜23:00〜
・dTVチャンネル 毎週火曜19:00〜
・メ〜テレ 毎週月曜24:53〜
・テレビ神奈川 毎週火曜23:00〜
・カンテレ 毎週木曜24:55〜

テレビ朝日の開局60周年を記念して制作される2夜連続ドラマスペシャル『逃亡者』(テレビ朝日系、12月5日&12月6日、21:00~)の会見が11月25日、都内で行われ、出演する渡辺謙と豊川悦司が登壇した。

ページトップへ
Twitter Facebook