中村海人、杉野遥亮、山本舞香、吉谷彩子

篠原涼子が主演を務める、6月17日からスタートの『ハケンの品格』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)のスピンオフ『ハケンの珍客』が、地上波初回放送終了後から、Huluで毎週独占配信される。

『ハケンの品格』は、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子が主人公。新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わった。もはや、「サラリーマンになれば一生安泰」なんてのは幻想なのだ。日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せている。「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」……。カオスと化したこの令和の時代、スーパーハケンの春子は、どんな働き方をしているのであろうか? 新しい時代の働く者の品格を問うドラマとなる。

主演・篠原を筆頭に、小泉孝太郎勝地涼杉野遥亮吉谷彩子山本舞香中村海人Travis Japan/ジャニーズJr.)、上地雄輔塚地武雅大泉洋伊東四朗と豪華出演者が揃い、いよいよ13年振りの復活を果たす『ハケンの品格』。物語は、いくつもの資格を持つ春子の活躍を中心に描かれるが、実はその裏で、新入社員を中心とした数々の事件、ドラマが起きていた……!?

ドラマ本編と平行するもうひとつの物語『ハケンの珍客』は、新入社員の井手裕太郎(杉野)、三田貴士(中村)、派遣社員の福岡亜紀(吉谷)、千葉小夏(山本)の4人をメインに描かれる。

<『ハケンの珍客』あらすじ>
食品商社S&Fに入社した井手裕太郎(杉野)と三田貴士(中村)は、人事部の五輪薫(ふせえり)の軽率な手違いにより、すでに研修を終えた営業事業部を再び訪れることに。そこにいたのは、ハケンの福岡亜紀(吉谷)と千葉小夏(山本)、派遣会社ワークゼアの田無元(永野)だけ……。

五輪から「今日は電話番ね」と取り残された裕太郎と貴士が手持ち無沙汰に過ごしているのを冷ややかな目で見ている亜紀と小夏。そんな中、運命の一本の電話が。

慌てふためいた裕太郎と貴士は、突如訪れた社会人としてのピンチを秘密裏に回避しようと、田無にハケンを依頼、そのスキルにすがることにする。そして彼らの前に現れたのはスーパーハケン・大前春子(篠原)ほどではないが「スーパーなハケン」一ノ江和美(八嶋智人)だった――。

4月20日に15分拡大SPでスタートの火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22:00~)のリモート制作発表会見が4月17日に開催され、主演の川口春奈、横浜流星、丸山隆平、中村アン、飯尾和樹、山下美月(乃木坂46)、高橋文哉、向井理、夏川結衣が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook