執刀医不在の手術室に送り込まれた看護師2人+Barマスターは危機を乗り越えられるか!?

天海祐希が主演を務める『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)が、3月14日に最終話を迎える。そしてこのほど、天海らレギュラー陣が総出演するオリジナルストーリー『トップナイフ-天才看護師の条件-』の前編が最終話放送後から、後編が3月21日(土)から、オンライン動画配信サービスHuluで独占配信される。

手術はすべて成功して当たり前――そんな“トップナイフ ”が集う「東都総合病院」脳神経外科を舞台に、天才脳外科医・深山瑤子(天海)ら“最高の医師たち”の苦悩と葛藤を描くリアル・ドクターストーリー。天海をはじめ、椎名桔平広瀬アリス永山絢斗古川雄大福士誠治森田望智藤本泉宮本茉由アキラ100%三浦友和ら、実力と華を兼ね備えたキャストが一堂に会した「本格医療ドラマ×大人の群像劇のハイブリッド・ドラマ」となっている。脳という未知なる“神の領域”を起点とした人間の知的欲求と感情を刺激する奥深いドラマはもちろん、エンディングでキャスト陣が見せるキレッキレのダンスも話題になるなど、さまざまな要素で注目を集めている。

Huluオリジナルストーリー『トップナイフ-天才看護師の条件-』に登場する患者は、各地でトラブルを巻き起こしている宗教団体の教祖・大和田伸介。教祖の代弁者である教団No.2の立川があれこれ無理難題を押し付ける中、大和田の手術はトップクラスの脳外科医の深山瑤子と黒岩健吾(椎名)、西郡琢磨(永山)が請け負うことになる。ところが、手術当日、裏ではとんでもない陰謀が進行し、またしても病院全体を巻き込む事件が発生。巡り巡って、看護師である犬飼剛(福士)と小沢真凛(森田)が執刀医不在の手術室に送り込まれ、さらにBarカサブランカのマスターである来島達也(古川)までもが巻き込まれてしまい……!?

そして、今回の患者となる教団の教祖役には、絶妙な滑舌と独特の世界観でバラエティに引っ張りだこのお笑いコンビ三四郎小宮浩信が決定。さらに、教祖の代弁者でもある教団のNo.2である立川貴和子を元宝塚歌劇団月組トップ娘役の映美くららが、立川と対立する教団のNo.3国立紘一を舞台やミュージカルを中心に活躍する成河が、国立派の武闘派信者をコンビ解散を発表して話題の元ブリリアンのコージ・トクダが演じる。

また、本編でも初回放送から話題となったエンディングダンスを、福士・森田・藤本・宮本・アキラ100%の5人が踊るスペシャルバージョンも見逃せない。

本編の原作・脚本を務める林宏司(『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『医龍-Team Medical Dragon-』『BOSS』ほか)が書き下ろす、手に汗握るストーリー展開と、緻密な人間描写が交錯するトップクラスのオリジナルストーリーに注目だ。

<脚本・林宏司コメント>
地上波連続ドラマでは描き切れなった、いわば『トップナイフ』のエピソード0! 深山先生始めドクターたちの最大の危機、それを救おうとする東都総合病院バックヤードの人たちの活躍……思いもかけない厄災に見舞われた東都総合病院最大の危機を怒涛の勢いで描きます! まばたき厳禁、あっという間の前後編の一時間!

<プロデューサーコメント>
番外編となる今作は、個性が強すぎる東都総合病院の脳外科医たちを支え続けてきた“天才看護師”たちが主役の物語です。もちろん本編と同じように、深山たちトップナイフによる最高にかっこいい手術室のシーンも登場します。さらには、来島の生歌も聴けちゃうかも……!? 盛りだくさんな内容を、どうぞお楽しみに!

次回 11月28日(土)よる10時 第8話が放送の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。今作の中の象徴的な場所の一つである「図書館」。第1話では、「目なんか覚めなきゃ良かった」とポロポロ涙をこぼす望美(柴咲コウ)に、結人(坂口健太郎)が望美は初恋の人であるこ

ページトップへ
Twitter Facebook