今年はなにわ男子とLilかんさいの混合チームで参戦

12月30日(月)15時50分から放送される『こやぶるSPORTS大忘年会SP』(カンテレ ※関西ローカル)では、毎年恒例の「関西駅伝No.1決定戦」を開催。関西ジャニーズJr.のユニット・なにわ男子西畑大吾高橋恭平藤原丈一郎と、Lilかんさい嶋崎斗亜西村拓哉が「関西ジャニーズJr.チーム」として出場し、悲願の初優勝を狙う。

この番組は、小籔千豊がMC、本田望結がアシスタントを務める新感覚スポーツ情報番組。今回の大忘年会SPでは、今年16年在籍した阪神タイガースを退団し、去就が注目されている鳥谷敬選手が登場。球団やファンへの思いなど、ぶっちゃけトークを展開する。また、「野球大好き芸能人軍vsプロ野球レジェンド軍」では、阪神タイガースの梅野隆太郎選手やオリックス・バファローズの杉本裕太郎選手が登場。EXITら芸人チームと野球で対決する。

そして、年末の風物詩であり、今年で14回目となる「関西駅伝No.1決定戦」には、昨年に続いて「関西ジャニーズJr.チーム」が参戦。昨年はLilかんさいのメンバー5人で出場し、8チーム中、7位に終わったが、今年はなにわ男子とLilかんさいの混合チームで優勝を目指す。

駅伝には他にも、野球界から阪神タイガースとオリックス・バファローズの2チームが登場。さらに、バスケットボール界からはバンビシャス奈良、プロレス界からはドラゴンゲート、芸能界からは吉本興業や松竹芸能など、多種多様なチームが出場し、熱戦を繰り広げる。

豪華メンバーが集結したオープニングでは、各チームが意気込みをアピールし、火花を散らす中、「関西ジャニーズJr.チーム」のキャプテンを務めるなにわ男子の藤原はニヤニヤしっぱなし。実は、藤原はオリックス・バファローズの大ファンであり、選手たちと一緒に走れることがうれしくて仕方がない様子。西畑から、「さっきからずっとオリックスの選手に大きな拍手しています」とツッコまれてしまう。

駅伝がスタートすると、第一走者を務める藤原が大好きなオリックスの中川圭太選手を追走。さらに、陸上経験のある西畑や、最近までランニングをしていたという高橋、昨年の駅伝を経験している嶋崎と西村も激走を見せる。果たして「関西ジャニーズJr.チーム」の悲願は叶うのか。勝負の行方は放送で明らかになる。

また、収録後にはメンバーたちのコメントも到着。以下に紹介する。

<関西ジャニーズJr.チーム コメント> 
――収録の感想をお願いします。

西畑:第一走者の丈くん(藤原)がまだ一番疲れています(笑)。

藤原:「途中で追い抜く」って考えていたんですけど、周りはプロアスリートばっかりなので甘かったです(苦笑)。でも、隣にオリックスの中川さんがいて、めちゃくちゃテンション上がりました(笑)。ずっと中川さんの背中見て走っていました。(中川選手の背番号)「67」って数字、今年一番見たと思います。今日活躍したら、オリックスに入れるかもしれないので、「背番号何にしよう?」って考えながら走りました(笑)。

嶋崎:恭平くんは、マジ遅かったです。

藤原:最後、歩いてたやんな?

高橋:いやいや! 観客の方に、ファンサービスしていたんですよ(苦笑)。

西畑:僕は咳が止まらなくなるという、傷を負いました……。でも、みんなで走って、久しぶりに「ONE TEAM」になれた感じがしました。

――昨年経験者の2人はいかがでしたか?

嶋崎:1年経っているので、去年の感覚もあまり覚えていませんでした。どれくらい飛ばせばいいかも迷って、最初の方飛ばしたんですけど、途中から一気に脇腹が痛くなって、だいぶ落ちました。でも、学生の方もたくさん応援してくれたので、「頑張らな!」って思いましたね。

西村:僕は、YouTubeで息の吐き方とか走る時のフォーム調べて走りました。今年はアンカーだったので、お兄ちゃんたちが繋いでくれたバトンで、カッコ良く追い抜けるように頑張りました。

――見どころをお願いします!

藤原:やっぱり僕たちジャニーズなので、走っているシーンでは“キラキラ”出来たんじゃないかなって思います。関西ジャニーズJr.の今の力を見せられたんじゃないかなと。このままの勢いで2020年も突っ走っていきたいです!

気になる素朴な疑問やお悩みを、人生の達人・所ジョージがすっきり解決!学校では教えてくれない世の中の裏側や知られざる真実を、笑いながらお勉強する「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(毎週金曜夜9時)。今回「テレ東プラス」では、3月20日に放送された番組の中から、人気コーナー「開かずの金庫を開けろ!」の内容をプレイバックする。元総理大臣の生家である豪邸に開かずの金庫が眠っていると聞き、レポーターの金子貴俊がやって来たのは滋賀県守山市。江戸時代には中山道67番目の宿場町「守山宿」として栄え

ページトップへ
Twitter Facebook