松本まりかが、11月9日に放送される山本耕史主演のドラマ『抱かれたい12人の女たち』(テレビ大阪、毎週土曜25:26~この日は24:56~※関西ローカル)の第6話に出演することがわかった。松本は男性用の高級アロマオイルを売る訪問販売員役で、山本演じるマスターを誘惑する。

舞台は都内某所にある隠れ家的バー。経営するのは山本演じるバーテンダー。そこに1人で現れるのは、個性溢れる12人の女優たち。今は恋人のいないフリーの彼女たちは、美味い酒の肴にと過去の男の遍歴や愚痴をこぼし始める。バーテンダーはそっと寄り添うように彼女たちの話に耳を傾ける。会話が弾み、落ち着いた雰囲気のバーで2人、次第に彼女たちは目の前にいる男に惹かれ始める。今夜はこの男といたいと思った彼女たちが送り出す口説き文句とは……!? 女優が主導の恋事情を描いた、オリジナル即興恋愛ドラマ。

<松本まりか コメント>
オファーが来た時はやりますって言っちゃったんですけど、後から後悔しました(笑)。自分の中に引き出しがないと難しいし自分自身が丸裸になることだから、興味はあるけど怖かったですね。今回、私はキャラクター設定を「ダサくて残念な女」にしたかったんです。素敵な女優さんはたくさん出てくるので、逆に私は抱きたいって全然思えないのに抱いて欲しいって思っている女性を選びました。でも、なかなかな女性でしたよね(笑)。今までは悪女を演じることが多かったのですが、そうではなくて今度は男性が引いてしまう女性。これはさすがに男性も手を出さないだろうっていう女性をやってみたかったんです。私が思う即興劇の醍醐味は、考えて出るものではなくて素の部分が出てしまうこと。頭の中で考えうることから外れてしまった瞬間がすごく面白いと思います。特にそれが、お芝居の中で山本さんとお互いに出てしまったのはある意味成功なのかな?(笑)。2人とも素で脱線してしまい、そこから想定外の展開になっていくところが、私の回での見どころだと思います。危機が面白みになるというか、誰も予想の付かないセリフがたくさん出てきます(笑)。私も心を本当に素直に動かされましたし、ちょっと良い奇跡がいくつも重なった回になったんじゃないかなと思います。

<第6話「アロマオイルの女」あらすじ>
都内某所にある隠れ家的バー「Y’zoo」に、オイルサンプルの入った大きな紙袋とキャリーバッグを持った女が入ってきた。実は彼女、男性用の高級アロマオイルの訪問販売員。全く売れずやけ酒をして歩いていると、バーを発見したためマスターに売ろうと訪れた。マスターのきれいな肌を見て、ボディケアの話で盛り上がる。そしておもむろにマスターを脱がせ始め、高級アロマオイルでマッサージを始めた。「気持ち良くないですか?」彼女の耳元でささやく甘い誘惑に、マスターはメロメロに。「私の、初めてのお客様です……」。上半身を裸にされてマッサージをされるマスターは、アロマオイルと彼女の誘惑に打ち勝てるか……!?

ページトップへ
Twitter Facebook