左から小越勇輝、黒羽麻璃央、濱正悟

福原遥さんが主演を務めるドラマ特区『コーヒー&バニラ』が、現在放送中(MBS、毎週木曜24:59~ほか、Amazon Prime Videoにて見放題独占配信、TVer&MBS動画イズムにて見逃し配信)。福原さん演じる主人公・白城リサと、桜田通さん演じるパーフェクトイケメン社長・深見宏斗の恋模様をかき乱す存在として登場する黒羽麻璃央さん、小越勇輝さん、濱正悟さんにインタビュー。作品の魅力、演じる役柄への意気込みなどを語っていただきました。

黒羽さんは、深見のライバルとしてリサを奪おうとする超肉食系の社長・阿久津孝晃、小越さんは、リサの同級生で思いを寄せる吉木翼、そして濱さんは、深見を心から尊敬する秘書の市柳雪を演じます。

――それぞれが演じるキャラクターについてどんな印象を持ちましたか?

黒羽:阿久津は俺様キャラで、いままで僕が演じたことがない役です。ドラマやアニメだったら許されるような役で、現実にいたら引いちゃいますよね(笑)。でもリアリティを持ちつつ、振り切って演じたいです。

小越:吉木はとてもフレンドリーで明るいキャラクター。でもちょっと空気が読めない部分もある。原作を読んでいて、憎めない感じがしたので、うっとうしいなと思われない可愛さをしっかり出していきたいですね。

濱:市柳は、深見社長思いで全面的にサポートするなか、たまにシュールな顔を見せるところなど、奥が深そうで演じるのが楽しみです。

――台本を読んでいかがでしたか?

黒羽:単純に照れ臭いですね。結構刺激が強い作品で、僕が演じる阿久津にもそういうシーンがあるのですが、どこまでやり切るのか……。でも阿久津は俺様ですが、チャラチャラした男ではないんです。そもそも社長になれる男なので……。

濱:あまり少女漫画というものを読んだことがなかったので、すごく新鮮でした。結構ニヤニヤしながら読んでしまいました。でもどこまでドラマで描写できるんだろうというぐらい、ドキドキのシーンがあるので、そこも楽しみです。

小越:僕は学生の役なのですが、ライバルとなるのが大人な男性なんですよね。そりゃあ勝てないなって思っちゃいますよね(笑)。

――桜田さん演じる深見社長についてはどう感じていますか?

黒羽:本当にパーフェクトな人間。男から見てもスマートで余裕があるし、憧れです。

小越:吉木のセリフで「勝てねーな」っていうのがあるのですが、どこにも隙がなくて、本当に勝てる要素がないなという感じがします。

濱:完璧なので、深見社長を慕う雪の感情とはマッチします。信頼もできてセクシーさもある。すごい存在ですよね。

――それぞれ自分が演じるキャラクター以外で好きな人はいますか?

黒羽:やっぱり深見社長ですね。ヒーローへの変身願望みたいな……なってみたい感じがします。

小越:僕も深見社長ですね。実際演じることになれば、しっかり役に入ろうとしますが、準備段階では、僕がもし深見社長役だったらあたふたしてしまいそうですが……。

濱:迷いますが、僕は阿久津に憧れますね。煙草の吸い方がめちゃくちゃ格好いいですよね。

黒羽:煙って色気を増大させる要素がありますよね(笑)。

――リサについてはどんな印象を持ちましたか?

黒羽:見ている人が感情移入したくなる女の子です。

濱:こんなにいい子いるのかなと思うぐらい、お人好しというか、たまに抜けている部分も含めて愛されるキャラかなと。

小越:真っすぐなのですが、行動に不安を持ってしまうところとか、すごく可愛らしいし、守ってあげたくなります。

――それでは最後に意気込みをお願いします

黒羽:深見社長の活躍がメインになるのですが、阿久津みたいな男もいいなと思ってもらえるような、癖になるようなキャラクターを作っていければと思っています。

小越:原作を読んだときのワクワクやドキドキがドラマにもあると思うので、しっかりそういう部分を伝えていきたいです。

濱:ガッツリと原作がある作品に出演するのは初めてなのですが、原作の良さも大切にしつつ、ドラマならではの良さを出せるように一生懸命に頑張りたいです。

(取材・文:磯部正和)

ページトップへ
Twitter Facebook