佐久間由衣が主演する『このミス』大賞ドラマシリーズの第1弾「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」(カンテレ、毎週木曜24:25~/TOKYO MX、毎週木曜24:30~)が、7月4日からスタートする。第1話では、佐久間演じるOL・関口優佳が、江戸時代にタイムスリップ! 南町奉行所の同心・鵜飼伝三郎(竹財輝之助)と出会い、江戸の町で起こった殺人事件の捜査を手伝うことに……。

『このミス』は、動画配信サービスU-NEXTとカンテレがタッグを組み、宝島社「このミステリーがすごい!」大賞の関連作品をドラマ化するシリーズ。本シリーズの第1弾は、山本巧次による小説「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」が原作で、主人公の関口優佳/おゆうを佐久間が演じる。会社では上司に理不尽に怒られ、冴えない生活をしていたが、祖母の家の納戸から現代と江戸を行き来するようになり、江戸時代の難事件解決に関わる役どころ。現代と江戸を自由に行き来する、今までになかったタイムトラベルミステリーだ。

竹財が演じる鵜飼伝三郎は、南町奉行所定廻り同心で、正義感が強く、優しい男。優佳に捜査協力を依頼することに……。また、伝三郎と行動を共にする岡っ引き・源七役に石毛元貴。下っ引き・藤吉役に池田純矢が決定。このほか、手塚とおるが、現代では優佳の上司・浅川健吾役、江戸では南町奉行所筆頭同心・浅川源吾衛門役という一人二役で出演。優佳の幼馴染・宇田川聡史役を甲斐翔真が、優佳の同期・武本真由美役を水島麻理奈が演じる。

<あらすじ>
東京の不動産会社に勤めるOL・関口優佳。仕事先では嫌味な上司・浅川健吾にいびられ、幼馴染・宇田川聡史や親友・武本真由美に悩みを相談する毎日。そんなある日、優佳は祖母の家を受け継ぐことになるが、その家にある不思議な押入れから江戸時代にタイムスリップしてしまう。

何も分からず江戸の町に迷い込んだ優佳だったが、そこで出会った南町奉行所の同心・鵜飼伝三郎から、江戸の町で起こった殺人事件の捜査を手伝ってほしいと頼まれるが……。

次回 1月24日(日)よる10時30分 日本テレビ系で放送の新日曜ドラマ「君と世界が終わる日に」。本作は日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、日本テレビ系日曜ドラマにてSeason1を放送、全10話で一度完結を迎える。その後に、3月よりHul

ページトップへ
Twitter Facebook