山崎賢人主演の映画『キングダム』の初日舞台挨拶が、4月19日に行われ、山崎のほか、吉沢亮長澤まさみ橋本環奈本郷奏多大沢たかお佐藤信介監督が登壇した。

原作は、紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦争孤児の少年・信(しん)と、中華統一を目指す若き王・嬴政(えいせい/のちの秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」。

客席横の扉から登場したキャスト陣は、観客とハイタッチなどをしながら舞台に登壇。主人公・信役の山崎は「今、舞台に上がるときに『良かった』とお客さんに言っていただいて、すごく嬉しく思います。安心しました」と安堵の表情。

嬴政と信の幼なじみ・漂の二役を演じた吉沢は、山崎とは4度目の共演になるといい、「山崎賢人という、同世代のトップを走り続けている役者の“本気”を見させてもらいました。本当にすごいんだなというのを間近で見せつけられました」と絶賛。さらに、「僕にとってもこの作品はクランクインする2年前くらいから、色々考えながら頑張ってきた作品なので、役者人生の一つのターニングポイントというくらい大きな作品になりました」と感慨深げに語った。

また、本郷が演じるのは、嬴政の弟・成蟜(せいきょう)。「絵に描いたような憎まれキャラで、はまり役」と紹介された本郷は「アンケートをとってみましょう! 成蟜のことを嫌いな人?」と問いかけ、手が挙がっているのを見ると、「たくさん手が挙がるのは嬉しいことですよ、そういうお芝居をしたので」と満足げな表情。続けて「プライベートで成蟜のような言動をすると友達がいなくなっちゃいますし、映画でしかやれないので楽しんで演じさせてもらいました。こんなに素晴らしい方々が、力を合わせて僕ごときを倒しにきてくれるんですよ? すごい幸せなことです」と話すと、MCから「普段の本郷さんは……?」と問われ、「すーんごい、いい子。好青年です」と言い切ると、会場は爆笑に包まれた。

そして、本作のテーマ“夢”にちなみ、それぞれが自身の夢を“新元号発表スタイル”で発表することに。「天下の大将軍」(山崎)、「中華の唯一王」(吉沢)、「絶大なる信頼」(長澤)、「続編」(橋本、本郷、大沢)、「蛇甘平原」(佐藤監督)と掲げ、それぞれが夢を語った。

山崎は、「信をやれて幸せだったので、このまま信を生き続けたいですね。天下の大将軍になるまでやり続けたいなと。俳優としても高みに行きたいという思いも込めて『天下の大将軍』にしました」と解答。すると吉沢も「理由は賢人と全く一緒です。『中華の唯一王』になるまで、この作品をやり続けたい」と続編を熱望した。

楊端和(ようたんわ)役の長澤は、「(楊端和は)すごく愛されているキャラクターだなと感じていて……。“待ってました感”を持ってると思うんです。“どんなときでも助けに来てくれるんじゃないか”という存在。そんなふうに強くて信頼される人になれたら」と言うと会場からは拍手が。

最後に山崎は「素敵なキャストとスタッフで、最高の作品を作れたんだなと思っています。込めるものは込めたし、やれることはやったので、あとは皆さんに伝われば嬉しいです」と力を込めた。

6歳の時に『やっぱりさんま大先生』で芸能界に本格デビューして以降、多くのドラマ、映画、舞台、CMに出演してきた落合モトキさん。映画『MONSTERZ モンスターズ』(2014年)ではゲイ役、映画『日々ロック』(2014年

ページトップへ
Twitter Facebook