『西郷どん』で脚光を浴びた俳優の迫田孝也が、29日に鹿児島市内で行われたKTS鹿児島テレビ開局50周年記念ドラマ『前田正名―龍馬が託した男―』の完成披露試写会に出席。同作品は、龍馬に託された名も無き薩摩藩士・前田正名が地方産業の振興に奮闘する姿を描く歴史ドラマで、2月5日(火)20時に鹿児島で放送された後、九州各地でも放送される。

出演は、鹿児島市出身の俳優・迫田のほか、祖父が鹿児島出身の本仮屋ユイカ、去年いっぱいで休業宣言をしたピーターこと、池畑慎之介が友情出演、鹿児島サッカー界のレジェンドで現在、タレントとして活躍する前園真聖もドラマに初出演する。

脚本は吉田紀子、音楽は大河ドラマ『篤姫』を手がけた鹿児島市出身の吉俣良、監督は地方局のドラマ制作は初めてのフジテレビのゼネラルディレクター、中江功。語りは吉岡秀隆が務める。また主題歌は、鹿児島出身の中島美嘉が担当する。

約200人が詰めかけた完成披露試写会で主演の迫田は「故郷鹿児島を背負っているドラマで、役者人生の中で間違いなく財産となった。このドラマを通して、隠れた薩摩の偉人『前田正名』という人物をたくさんの人に知ってもらいたい」とドラマの魅力を熱く語った。

鹿児島の民放ローカル局発信の歴史ドラマ制作は画期的で、テレビ離れが進む中の1つの挑戦とも言える。無名の薩摩藩士が、今の日本の礎を作ったその前田の姿を通し、現代の日本に大切なものを改めて問いかける。

竜星涼が主演を務める『ドラマ 「家、ついて行ってイイですか?」』(テレビ東京系、毎週土曜23:25~)が、9月25日の放送で最終話を迎えた。SNS上では、竜星演じる“玉岡”に対し「成長を感じた」というコメントが寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook