お笑いコンビの千鳥ノブ大悟)がMCを務める『千鳥の「話の引き出し」』(カンテレ ※関西ローカル)が12月29日(土)15時より放送される。同番組は、日常生活のいろんな場面で、あると助かる“話の引き出し”が増えること間違い無しの特別企画。さまざまなジャンルの有識者からを招き、知って得する驚きの“引き出し”から、笑いを誘うおもしろ“引き出し”など、紹介していくもの。スタジオゲストには井森美幸ダイアン西澤裕介津田篤宏)を迎える。

まずは、有識者としてメンタリストのDaiGoが登場。「恋愛」をテーマに、「ボディタッチに最適な場所は〇〇〇」、「気になる異性が脈ありかどうかは〇〇〇で判断」など、すぐに使える恋愛テクニックの“引き出し”を披露。DaiGoが提唱する“ヤバすぎる”地雷女子を見抜く方法とは!?

続いて、芸能界きっての「将棋」ツウたちは、天才棋士・羽生善治藤井聡太加藤一二三のとっておきの「引き出し」を次々とオープン。「天才過ぎて理解できない!?」、衝撃のエピソードの数々に千鳥も仰天。一体どんな話が暴露されたのか?

「犯罪」のテーマでは、ブラジルの集団スリの犯行の様子を紹介。その巧妙な仕掛けに驚く一同。スタジオでも、集団スリの怖さを実感するために、ノブを被害者役にして再現。ところが、ノブの嘆きが連発するハプニングが起きて……。

この度、収録を終えた千鳥のノブは「シンプルなテーマでも、“話の引き出し”をめちゃくちゃ持っている人っていますよね。我々芸人って、芸人同士で飲みに行ったり、やっぱり行動範囲が狭いんですよ。色々な話を聞く機会が少ないので、楽しかったです。勉強になりました!」とご満悦。大悟も「専門家の話って、なかなか知らないことも多いし、やっぱり深いですね。みなさんが知っているようで知らない話ばっかりで、細かいからこそ面白い話がたくさんありました」と、楽しんだ様子。

番組にちなんで、他の人には負けないという“話の引き出し”を持っているか尋ねたところ、ノブは「僕はもう“広く浅く”がテーマなので……。高校時代に出会った嫁と20数年付き合っているので、『女子と長続きする引き出し』は、ほかの人よりもあるかもしれません。定期的なボディタッチやスキンシップが大事です!」と披露。大悟は「島の生活に関しては“引き出し”があるかもしれませんね。田舎の島のフェリーは、正月と盆だけ便の回数が増えるとか」と、笑いをとっていた。

最後に、ノブは「本当に面白い番組です。この番組を見れば、その日の夜の居酒屋で話せる話題がだいぶ増えるんじゃないかと思います。ぜひこの番組を見て、自分の“話の引き出し”に入れてほしいなと思います」とアピール。

一方の大悟は、「どこまで放送するかがちょっと分からないんですけども、テレビを見る前に、ダイアン津田が何回噛むかを予想してください。その予想の倍は噛んでいますから(笑)」と津田の失態を暴露するも、ノブから「いや全部カットします(笑)」と、突っ込まれていた。

4月2日(木)、『徹子の部屋』45年目突入を記念し、ゴールデンタイム3時間スペシャルを放送。 木村拓哉、マツコ・デラックスと黒柳徹子なじみの帝国ホテルで出張ロケを楽しむほか、寺島しのぶ・眞秀くん母子とのスタジオトークも展

ページトップへ
Twitter Facebook