吉岡里帆主演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ・フジテレビ系 毎週火曜21:00~)が7月17日よりスタート。本作は、柏木ハルコの同名コミックが原作のヒューマンドラマで、「生活課」に配属された新人ケースワーカー・義経えみる(吉岡)が、それぞれの人生を抱えた生活保護受給者たちと向き合い、寄り添いながら、自立への道筋を模索する物語だ。吉岡にとっては、2度目の連続ドラマ主演作であり、井浦新、川栄李奈、田中圭ら、今注目の俳優陣と共演することでも話題になっている。

TOKIOの松岡昌宏が主演を務めるTBS系ドラマ特別企画『名奉行!遠山の金四郎』が、8月13日(月)20時から放送される。

ページトップへ
Twitter Facebook