アン・ハサウェイ主演の最新作『マイ・インターン』(10月10日公開)の特別トークイベントが14日、都内にて行われ、本作の舞台ニューヨークと同じ出身地の河北麻友子と、本作の主人公ジュールズと同じく専業主夫の旦那を持ち働く女性代表の小島慶子が登壇した。

アン演じるファッションサイトの社長ジュールズの会社にやってくる40歳年上の“シニア”インターンをロバート・デ・ニーロが演じている本作。実はニューヨーク出身の河北は、ロバート・デ・ニーロの近所に住んでいたというエピソードを話し、ニューヨーク時代にデニーロが経営しているレストランに家族で食事に行ったこともあるようで、「デニーロさんが経営する和食系のレストラン“NOBU”には一度だけ行ったことがあります。すごい高級でセレブ向けなんですけど本当に美味しいです。いろんな映画にも出てきてますよ」とニューヨーク出身の河北だからこそ話せるデニーロ情報を明かした。これに対し、すかさず小島も「聞いたことある! エヌオービーユーってやつですよね」と言い、本作と河北の出身地ニューヨークのつながりをアピールした。

さらに今回、本作のポスタービジュアルに映るアンと同じく、河北は赤いワンピース、小島は赤いロングドレスで登場。さらに、このイベントでは、アンが着用した衣装三点がこの日のために緊急来日。ヴィクトリア・ベッカムの赤いワンピース、セリーヌのパンツとシューズとバッグ、さらにクリスチャン・ディオールのシューズの3点で、実際にアンが着用し撮影に使われた豪華できらびやかな衣装がこの日初公開となった。

この衣装について河北は、「すごい可愛いです。映画を見ていてもすごく可愛いなって思っていて映画の見どころの一つです。ラフな感じの服からいろんな幅のあるファッションで見てるだけで楽しかったです」とファッションモデルを務める彼女ならではのコメントを述べた。小島は「働いている人がすごく取り入れやすいファッションでした。カジュアルでシンプルでとても真似しやすいファッションだったわ。私もこの秋アンのファッションを真似したいです」と働く女性ならではの観点からコメントした。

また、理想の結婚について話が移ると、河北は「今まで理想の人はお父さんだったけど、デニーロ演じるベンが本当に素敵なジェントルマンで、自分が落ち込んでるときにアドバイスをくれるし、その時に一番必要な言葉をかけてくれるベンがすごいかっこよくて、年齢関係なく男性にはああいう風になってほしいと思いました。映画の中でいつもハンカチを持ってるんですけど、その理由が女性が泣いた時に差し出すためなんです。本当にジェントルマンで素敵でした」とロバート・デ・ニーロ演じるベンが父親を超えた理想の男性像になったことを明かした。

最後に映画の見どころを聞かれた小島は、「働く女性はもちろん共感できる部分もあると思うんですけど、自分が悩んでいることは私だけじゃないんだなって思える映画」と自身も仕事と家庭を両立させる小島もジュールズの生き方に共感したと話し、河北は「映画を見て泣いちゃいました。働く女性はこれを見て“明日からも頑張ろう”って思える映画です。男性も、ベンのようにならなきゃなって勉強できる映画なので、ぜひ男性も女性もどっちも見てほしいなっておもいます」とアピールしていた。

関連ワード

女優デビュー作『二十才の微熱』(1993年)の橋口亮輔監督の映画『ハッシュ!』(2001年)に主演し、第75回キネマ旬報主演女優賞&第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞した片岡礼子さん。 “映画界のミューズ”として注目

ページトップへ
Twitter Facebook