田中圭が9月7日、都内で開催されたHulu オリジナルドラマ『死神さん』配信記念イベントに出席。共演者の前田敦子から、あるお茶目なところを暴露されるも、清々しく認める一幕があった。

大倉崇裕の同名小説をドラマ化した本作。“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤堅忍(田中)が、事件のたびに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査。真実を明らかにしていく姿を描く。イベントには、田中のほか、前田、竹中直人堤幸彦監督も出席した。

今回、田中がこだわったのは、長髪や鼻の頭のホクロなどの強烈な見た目や、独特な口調が印象的な儀藤の役づくり。「もちろん原作ファンの方もいらっしゃるので、どこまで寄せればいいのか。僕的には“どうしよう?”だった」と振り返りつつ、衣装合わせの際、堤監督に見た目を作ってもらったと明かす。特にホクロは「パッと見て忘れないようにしたかった」と監督の思惑が。

田中圭、堤幸彦監督
田中圭、堤幸彦監督

そうして完璧にキャラを仕上げたからか、竹中や第2話で登場する蓮佛美沙子と共演した際に、こんな出来事があったという。

「久々の共演だったので、『久しぶり!』って会話で入りたかったんですけど、儀藤の格好をしているから、2人とも僕に気づかないっていう。『えっ! 圭さんだったんですか?』って」。

その後、監督が作り上げた見た目に合わせて、中身をまとめていった田中。堤監督は、そんな“役者・田中圭”のポテンシャルを絶賛した。

「大昔、オーディションで相手役をお願いしたら、20個くらいのキャラを演じ分けてくれたことがあって。“この人なんでもできるな”と思っていた」と明かしつつ、作品に途切れることなく出続けている理由がよく分かったと納得。「演出家の立場から見ると、役者として完全形。おそるべし田中圭!」と満足感いっぱいに。田中は恐縮しつつも「“おそるべし儀藤”にしておきましょう」と返答した。

田中圭
田中圭

儀藤の捜査を陰ながらサポートする、警視庁広報課・南川メイを演じたのは前田。儀藤とのタッグについて「メイじゃないと儀藤さんと絡めないだろうなという役で、すごく楽しかったです」と笑顔に。田中が「メイが儀藤をすごくかわいがってくれるんですよ」と言えば、前田も「“いいなこの関係”と思いながらやっていました。噛みあっていない感じなんだけど、距離感ができあがっていた」と述べた。

前田敦子
前田敦子

一方、竹中は、第5話に登場する元刑事・米村誠司を演じる。共演経験の多い田中の印象については「圭ちゃんカワイイ!」「近づいてくるだけでも笑っちゃうんですよ」と甘い声。儀藤が、Wi-Fiのことを“ウィーフィー”と間違えるやりとりでは、2人ともに笑いが止まらなかったらしく「圭ちゃんカワイイから笑っちゃうんだよ。圭ちゃんといると心がワクワクする」とデレデレだった。

竹中直人
竹中直人

イベントでは、知られざる田中の本性を、彼以外のメンバーが明かすコーナーも。竹中が田中の役者としてのブレのなさを紹介し、堤監督がどんな長台詞でも自分のものにしていることから、“ロボット”と称する中、前田は「毎日、撮影終わりの夜ごはんのメニューを考えています」と一言。すると、当の本人である田中直々に「間違いない!」と反応する。

前田敦子、田中圭
前田敦子、田中圭

田中は、夕食が1日の楽しみだと明かしつつ「“今日、何食べようかな?”って毎日考えるのが楽しみです。あっちゃん(前田)に『今日の夜ごはん何食べるんですか?』って聞いて、教えてもらったら“それいいな俺も食べよう!”って」と告白。会場を笑わせていた。

田中圭
田中圭

Huluオリジナルドラマ『死神さん』は、9月17日よりHulu で独占配信される。

竹中直人、前田敦子、田中圭、堤幸彦監督
竹中直人、前田敦子、田中圭、堤幸彦監督

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」より配信されている番組を、編集部が厳選しておすすめする「編集部が選ぶ!今週のおすすめコンテンツ」​​。今回は、今期クールのドラマ3作品に出演している鈴木伸之をフィーチャー!

ページトップへ
Twitter Facebook