儀藤堅忍(田中圭)

田中圭が主演を務めるHuluオリジナル『死神さん』(全6話/毎週金曜、新エピソード配信)が、9月17日(金)からHuluで独占配信スタート。現在、特報映像が公開中だ。

原作は、大倉崇裕の同名小説「死神さん」(幻冬舎文庫)。主演・田中が演じるのは、警視庁内にある謎の部署で、無罪判決が出た事件を再捜査するクセモノ刑事・儀藤堅忍(ぎどう・けんにん)。「逃げ得は許しませんよ」という決めゼリフとともに、警察組織にとって掘り返されたくない事件の証拠を徹底的に洗い直して真犯人を検挙していくため、「死神」と呼ばれている。そんな儀藤が、事件ごとにその相棒を替えながら、“闇”に葬られた“真相”をあぶり出し、解決済みと思われた事件の全貌を180度転換していくコロンボスタイルの痛快ミステリードラマ。先日、前田敦子のレギュラー出演も発表され、ますますその内容に期待が高まっている。

特報映像では、これまでの田中のイメージを覆す、“誰からも愛されない破天荒ダークヒーロー”がついに動き出す。帽子を目深に被り、猫背でジメっとした儀藤の語り口は、1度見たら“クセになる”こと請け合い!? そんな儀藤に負けず劣らずの個性的なキャラクターで、前田演じる南川メイが、今後どのように儀藤と絡んでいくのかも気になる映像になっている。

<あらすじ>
被疑者の無罪が確定した冤罪事件の再捜査を専門にする警視庁の警部補・儀藤堅忍(田中)。彼の仕事は、逃げた真犯人と事件の真相をあぶり出すと同時に、警察組織の失態も暴き出すことにほかならない。ゆえに、彼の相棒となる者は組織から疎まれ、出世の道も閉ざされる。そんな儀藤に付けられたあだ名は……「死神」!

この破天荒な一匹狼のダークヒーロー=儀藤が、連絡係として様々な手配を請け負う警察官・南川メイ(前田)の協力のもと、毎回異なる“気の合わない相棒”を連れ回しながら、さまざまな冤罪事件の真犯人と真相を解明。証言と証拠を一から、執拗なまでに洗い直し、“事件の裏に隠された真実”と“相棒たちの心”を180度ひっくり返していく。

鈴木伸之が主演、犬飼貴丈が共演するドラマ『ケイ×ヤク―あぶない相棒―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第2話が、1月20日に放送。鈴木演じる国下一狼と犬飼演じる英獅郎が次第に信頼関係を築き始めたことから、SNS上では「萌える」などのコメントが上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook