7月15日にスタートする主演・比嘉愛未の木曜劇場『推しの王子様』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)。瀬戸利樹が主演を務める完全オリジナルストーリーのスピンオフドラマ『ぼくの推しは王子様』が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて『推しの王子様』終了後より配信されることが決定した。

『推しの王子様』は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲームの総称)を手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の代表取締役社長である日高泉美(比嘉)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描いていくドラマ・オリジナルストーリーとなる。

『推しの王子様』のスピンオフドラマ『ぼくの推しは王子様』は、歴史好きの有栖川遼(瀬戸)が主人公。実は、しょせんはかなわぬ恋だと諦めながら、ある人物にずっと片思いをしている有栖川。「ペガサス・インク」のエンジニアで編み物好き男子の織野洋一郎(谷恭輔)は、そんな有栖川の切ない胸の内を知り、有栖川が誰かと幸せになれるよう、有栖川専用の恋愛アプリを作り上げる。織野いわく、有栖川にとって運命の人である可能性が高い人物があらわれると、この恋愛アプリが知らせてくれるとのことだが、2.5次元俳優が“推し”の「ペガサス・インク」デザイナー・渡辺芽衣(徳永えり)と、同じくデザイナーで、「26時のマスカレイド」が“推し”の小原マリ(佐野ひなこ)は、うさんくささしか感じない。有栖川も織野の話を冗談半分で受け流していたが、恋愛アプリを入れた有栖川のスマートフォンから、早速アラームが鳴り始める。

瀬戸が主演を務めるのは、『シンデレラはオンライン中!』(FOD配信中)に続き、2021年に入って本作が2作品目となる。『シンデレラはオンライン中!』では平凡な女子大生との恋に揺れ動く超エリート男子の王子様を演じ、直近の出演作『理想のオトコ』(テレビ東京系)で演じた、恋に積極的な肉食系男子も大いに注目を集めるなど、今、最もラブストーリーに引く手あまたの俳優の一人である瀬戸。『ぼくの推しは王子様』は、瀬戸が演じる有栖川がさまざまな“運命の人っぽい”人物に出会い、そこから巻き起こる波乱の展開をユーモアたっぷりに描いていく、新たなラブストーリーとなる。果たして、有栖川は幸せをつかむことができるのか? そして、有栖川が片思いをしている人物とは!?

<瀬戸利樹 コメント>
――『ぼくの推しは王子様』の話を聞いた際の感想を改めてお願いします。

“きたな! スピンオフ!”って思いました!(笑)。お話を聞いた時はすごく嬉しかったです。有栖川にフォーカスを当ててお話が展開されていくのですが、出演者のみなさんとの掛け合いも面白いので、注目してご覧いただきたいです。

――見どころなど視聴者の方へメッセージをお願いします。

本編ではあまり描かれない、有栖川の一途な恋心にも迫っていきます。スピンオフを見ると『推しの王子様』をさらに楽しめる要素が満載です。ご期待いただけると嬉しいです!

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、9月17日(金)から10月期のスペシャル企画として「米倉涼子ドラマ特集」と「窪田正孝ドラマ特集」がスタート。2人が出演するドラマ作品23タイトル(182エピソード)が無料配信される。

ページトップへ
Twitter Facebook