霜降り明星の笑野行動~笑わせあって生き残れ!!~』(フジテレビ系)第2弾が、5月6日に放送。芸人対芸人の本気のお笑いバトルロワイアルに、インターネット上では、芸人たちが繰り出すネタについてや勝者を予想するコメントが寄せられた。

ルールは、笑ったら負け! 合い言葉は「笑わせ合って生き残れ!!」。バトルフィールドとなる離島で、“笑いの武器”を拾いながら「お互い笑わせ合って最後の1組になるまで生き残る」という戦いが繰り広げられる。前回の放送は個人戦だったが、今回は人気芸人たちが6組のペアになって挑む。参加するのは、せいや霜降り明星)&ケツニッポンの社長)、FUJIWARA藤本敏史原西孝幸)、蛙亭中野周平岩倉美里)、飯尾和樹ずん)&岩井ジョニ男イワイガワ)、ロッチコカドケンタロウ中岡創一)、ハリウッドザコシショウ永野

プレーヤー6組にはリュック、銃、連絡用スマホだけ支給。島の各所に点在する“笑いの武器”を集めバトルに挑むが、アイテムをゲットするには、箱に書かれたお題、例えば「バカのフレームイン、フレームアウト」「エッチじゃないのにエッチに聞こえる単語」「自分だけが知ってるパートナーの秘密を教えて」「ショートコント」などに面白い回答をする必要がある。アイテムには、ブリーフ蛇口、マイク、著名人のマスク、オナラの音、ゴムパッチン、コーラ、ラムネ菓子などが用意され、バトルに使用できるさまざまなものが支給された。

対決ルールは、敵に遭遇したら銃を向けて「ファイヤー!」と叫び、武器を使って笑わせ合いバトルを繰り広げる。制限時間は60秒、相手が笑ったら勝ち、笑わなければ攻守交代で2ターンで勝負がつかなければ審判の粗品(霜降り明星)が判定する。1キル10万円、優勝賞金は50万円で、敗退すれば全て没収となる。

1stバトルは飯尾&岩井VSせいや&ケツ。飯尾&岩井はギャグコンボや田嶋陽子ビフォーアフター、森進一feat.ウグイスなど品数の多さで勝負。対するせいや&ケツも瓜二つなたたずまいを利用したネタやブリーフ蛇口で笑いを取ろうとするが、両者互角の戦いに。最後は粗品の判定で飯尾&岩井が勝者に決まった。

3rdバトルのロッチVS蛙亭は、因縁の対決となった。収録前、ロッチは蛙亭というコンビ名を「センスない」と言っており、岩倉は、「売られた喧嘩は買うしかない」とバトルモード。対する中岡は「ちょっと私らできまっせ感を出そうとし過ぎてて嫌やった」と反撃。すると中野が「あんまり口に出すのもアレなんですけど……。ロッチ? ちょっと抜いてますよ感が出てますよ」と負けじと挑発。そこからバトルが開始され、2ターン目も何とか両者笑いを堪えドローになりそうなところ、最後の10秒で中野のギャグに中岡が吹き出し蛙亭が勝利を収めた。

また、今回からは敗者復活ルールも新設され、先に負けたせいや&ケツ、FUJIWARA、ロッチにも再びチャンスが。どのペアが優勝するのか最後までわからない波乱づくめのバトルロワイアルとなった。

ネット上では、「前回よりもパワーアップしてた」「全メンバーがめちゃめちゃおもしろかった」「第3弾が楽しみ」という声があった。

6月16日の『あちこちオードリー 〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系、毎週水曜23:06~)では、特別企画「パンサー向井プレゼンツ反省ノートSP」後編が放送。向井慧(パンサー)が自身の役回りを「ステルス戦闘機」と表現しインターネット上で話題になった。

ページトップへ
Twitter Facebook