観月ありさが、5月6日に放送される『レンアイ漫画家』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第5話に、ヒロイン・吉岡里帆の強烈な姉役で出演する。

「モーニング」(講談社)で2010年から2012年の間連載されていた同名コミックスを原作とした本作は、鈴木亮平演じる漫画一筋で恋愛が超苦手な少女漫画家・刈部清一郎と、吉岡演じる「ダメ男ホイホイ」と呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこという、恋に不器用な二人が繰り広げる、笑えて、ほろっとくるコミック・ラブストーリー。

今回、観月が演じる緒方るりこは、吉岡演じるあいこの姉。あいことは12歳も年が離れていて、母子家庭で、働く母親にかわりあいこを育てた。悪気はないが、ちょっと変わったものの見方をするため、あいこを振り回すこともしばしば。結婚していたが、夫に先立たれてしまったという悲しい過去を持つ。そんなるりこが、清一郎の家に突然現れ、あいこに会うやいなや清一郎と結婚するのかと問いただし、二人を窮地に陥れる。

なお、前回放送の第4話には、『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライム・ビデオ)の司会でおなじみの坂東工が、年収2000万、帰国子女、IT企業に務める超ハイスペックで社会的地位の高い独身貴族・八代貴之役で出演。あいこが八代を射止めるために、あざとかわいい女子に扮する……というストーリーが展開された。

<観月ありさ コメント>
――『レンアイ漫画家』への出演が決まった時の感想。

本作の様なラブコメに出演させていただくのは、本当に久しぶりに感じました。最初に原作の漫画を読ませていただいて、私が演じる原作のキャラクターがすごく個性的で、“これを私はどう演じるのかな?”と思いました(笑)。

――緒方るりこを演じてみていかがでしたか。

ほんわかとした優しいあいこを見守っている力強い姉ですが、原作のるりこの様に、人に対して親近感を与えるキャラクターはなくさずに演じました。また、どこか厳格な感じを原作よりも強く表現できればと思い演じました。

――鈴木亮平さんや吉岡里帆さんと共演した感想。

鈴木さんと吉岡さんのバランスがすごくいいです! 鈴木さんが演じる清一郎もすごくキャラクターにマッチしていますし、献身的で優しいあいこの感じが吉岡さんにすごくぴったりな役だなと思いました。二人の掛け合いがとてもテンポが良くて面白いドラマです。初共演の吉岡さんとは、空き時間などにすごくコミュニケーションをとっていただき、とても気遣いのできる、本当にあいこの様な女性だなと思いました。

――番組を楽しみにしている視聴者に向けメッセージをお願いします。

漫画原作の持ち味とドラマの持ち味の両方を楽しめる作品になっています。ドラマは、原作とはまた別の方向で、個々のキャラクターがますます人間味あふれる感じ表現されていきます。そして、自分が恋をしている様な気持ちで見られる作品になっていると思います。登場人物の誰かに思いをのせて、ドラマを楽しんでいただければと思います!

フジテレビが運営する動画配信サービス・FODの週間ランキングが発表された。「FOD見逃し配信(無料)」部門と「FODプレミアム」部門では、竹野内豊が11年ぶりに月9主演を務める『イチケイのカラス』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)が1位を獲得。また、電子書籍の「マンガ」部門では、映像化も話題の『東京卍リベンジャーズ』が1位に輝いた(集計期間2021年5月2日~2021年5月8日)。

ページトップへ
Twitter Facebook