鈴木亮平が主演を務める木曜劇場『レンアイ漫画家』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第1話が、4月8日に放送。インターネット上では、鈴木の役づくりや、ヒロインの吉岡里帆との身長差について触れるコメントが相次いだ(以下、ネタバレ含まれます)。

青年漫画誌「モーニング」(講談社)で2010年から2012年の間連載されていた同名コミックスをドラマ化した本作は、鈴木演じる漫画一筋で恋愛が超苦手な少女漫画家・刈部清一郎と、吉岡演じる「ダメ男ホイホイ」と呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこという、恋に不器用な二人が繰り広げる、笑えて、ほろっとくるコミック・ラブストーリー。

あいこが勤務する葬儀社「あかり葬祭」では、事故でなくなった刈部純(白石隼也)の葬儀を担当。あいこは彼に思いを馳せる。なぜなら、彼女の初恋の相手が純だったからだ。葬儀の準備中、上司に呼ばれていくと、彼の一人息子・レン(岩田琉聖)がいた。彼には、母親がおらず、両親をともに失ったことになる。

葬式が始まる前、フードをかぶった純の兄・清一郎がやってきた。親戚は、レンを引き取る予定の彼が、子供を育てられるのかと呆れ気味。

あいこはそんな清一郎に目をやった隙に、レンが行方不明に。彼は葬儀場の屋上にいた。あいこは下からレンを見上げ、自分が純に何度も交際を申し込んでようやく付き合えたことを明かす。目を潤ませる彼女にレンがハンカチを落とすと、突然やって来た清一郎がキャッチ。彼はあいこに詰め寄り「恋愛しろ……。死ぬ気で恋愛してみないか?」と肩を抱く。あまりの勢いに突き飛ばすと、清一郎は頭を強打。彼を怪我をさせたということで、あいこは葬儀社をクビになってしまった。

お金もなく、あいこが肩を落としてアパートに戻ると「人間、生きているだけでお金がかかりますもんね」との声が。その声の主は、出版社に務める向後達也(片岡愛之助)という男。彼は「お願いしたい仕事があるんです」という。怪しみながらもついていくと、そこは豪邸。依頼人として迎えたのは清一郎だった。性的な罰を想像するあいこだったが、清一郎は、八頭身のバランスの良い女性にしか興味がなく「カピパラ似の不幸顔のあなたは対象外」と向後にぶつけられる。清一郎の正体。それは、人気少女漫画「銀河天使」の連載を手がける漫画家だった。

作品を知らないというあいこは目が点となるが、漫画のネタにするべく、清一郎が考えた設定通りの疑似恋愛をしてほしいとのミッションを受ける。「私はやりません」と断固拒否するものの、向後はしつこかった。あいこは、これまで交際してきた男性が、DV男、ヒモ男ばかりで、自らを“ダメ男ホイホイ”だとし、そもそも恋愛に向いていないと拒否。清一郎は彼女の言葉に感銘を受けたようで、どんどんと設定が思い浮かぶ。清一郎から「やっぱり君しかいない! 報酬は100万円!」と言われると、つい「やります!」と手を挙げたあいこ。丸の内OLのフリをして、ラグビーを猛勉強するが……。

ネット上では「(鈴木の)睨み顔、素敵過ぎませんか?」「鈴木亮平と吉岡里帆の体格差と身長差めちゃくちゃ良過ぎて膝から崩れ落ちてしまった」「吉岡里帆さん可愛すぎるのと鈴木亮平さんがイケメン過ぎて内容が入ってこない」「鈴木亮平の役作りの幅の広さと演技力がストーリーに安定感をもたらしていて、共演してるひとのやりやすさにつながっている感じがする」との声があった。

次回第2話はは4月15日に放送。レンが「学校に行きたい」と言い始める。あいこは、転校に必要な手続きを清一郎から押し付けられる。

ページトップへ
Twitter Facebook