新田真剣佑柴田英嗣アンタッチャブル)が、3月19日に放送された『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00〜)に出演。柴田と並々ならぬ関係を持つ“ファンキー加藤”がスタジオに登場。その後の展開にインターネット上では「出てくるまでの最強なフリと最後のオチまで完璧すぎ」「柴田完全完璧パーフェクト復活を感じる」と絶賛の声が上がった。

同番組は、世界各地の最新ニュースや、日本で論点となっている問題を有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。

2019年、同番組で相方・山崎弘也と10年ぶりのコンビ共演を果たした柴田。MCのアリタ哲平(有田哲平)は感慨深げに当時を振り返るが、新田は「(アンタッチャブルは)コンビだったんですね」といまいちピンと来ず、柴田はガッカリしながらも「当時アメリカにいたから……」とフォローする。その後、番組では「時代の流れと変化を徹底解説!」と銘打ち、昭和時代と令和時代のさまざまなランキング結果の変化を比較するが、出てきたボードには「22021年」とさっそく盛大な表記ミスが。柴田は「俺もう今日は、立ちだぞ」と全力のツッコミ体制に入る。

「住みたい街ランキング」では、「下北沢」が1位だった昭和時代に対し、令和時代は「本厚木」が1位。柴田は「本厚木なわけなくない!?」と激しくツッコミを入れるが、ランキングの結果は正確であると聞かされ、「あ、そうですか……」と意気消沈。「合ってるなら良かったです、逆にね」とバツが悪そうにコメントする。その後も柴田はランキングにツッコミ続けるが、一見間違っているように見えるランキングはすべて本当の情報で、そのつど柴田は「訂正のツッコミ」をし直す羽目になる。

「柴田さんはもう一方、仲直りしたほうがいい方がいらっしゃいませんか? プライベートの方でちょっとこう……あった方ですけど……」とアリタ。「いやないでしょ! さすがにそれは!」と激しくうろたえる柴田を尻目に、アリタは「ファンキー加藤さんです! どうぞ!」と紹介し、登場した“加藤”の姿に柴田は「いやいや!“ファンキー加藤”だけども! お前は!」とヒザから崩れ落ちたのち、一緒に即興漫才を繰り広げることに……。

柴田と “ファンキー加藤”の思わぬ共演に、ネット上では「柴田と加藤の漫才やばい(笑)」「出てくるまでの最強なフリと最後のオチまで完璧すぎ」と驚きの声が。予想外の事態をも笑いに変える柴田のツッコミ力にも「柴田さんすごいわあ。こっちの期待以上のことやってくれる」「柴田完全完璧パーフェクト復活を感じる」と絶賛の声が相次いでいた。

次回4月2日放送では、山内健司かまいたち)、鈴木亮平をゲストに迎える。

さまぁ〜ず(大竹一樹、三村マサカズ)、田中瞳アナウンサーがMCを務める『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系、毎週日曜21:00〜)。日曜でのレギュラー放送最後となる9月26日の放送では、90分スペシャル「食うぞ!秋の埼玉県・秩父 ドイヒー大感謝祭」と題して、埼玉県秩父市を訪れた。

ページトップへ
Twitter Facebook