隆平(藤原竜也)

藤原竜也が主演を務めるドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の最終話が、3月16日に放送。インターネット上では、藤原演じる嶋田隆平が怪我人を強引に起こす姿に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

学校内警察(スクールポリス)が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された隆平が、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。隆平が着任する赤嶺中学校3年1組の担任で国語教師の浅村涼子を真木よう子、隆平の後輩刑事・三枝弘樹を山田裕貴が演じる。

シーンカット
シーンカット

校長の木島敏文(高橋克実)が、岡部昌浩(遠藤雄弥)に撃たれて意識不明の重体に。生徒の涌井美月(米倉れいあ)と尾崎香澄(鈴木梨央)が事件に関わっていると勘づいた隆平は、直接美月に「わざと岡部に自分を襲わせたんだろ。そのことを香里に見抜かれて追求を受けた。違うか?」「なぜそんな危険を冒して岡部をハメた? もし、そのこと(真相)を岡部が知ったら、きっとお前たちを許さないだろうな。次は確実にお前らが狙われる」と注意喚起。正直に話せば助けると言うものの、美月からはあしらわれてしまった。

美月の家の前に香澄がやって来た。「今日、スクポリに聞かれた。『わざと、岡部に襲わせるよう仕向けたんじゃないか』って……」「あいつ勘よすぎ」「放っておいて大丈夫かな?」などと話していると、彼女たちの目の前に岡部が現れる。隠れて二人の話を聞いていたのだ。「その話本当か? お前ら本当に俺をハメたのか。涌井、お前に渡したものを返せ」と詰め寄る。二人は、防犯ブザーを押して何とか危機を回避。警察も呼んだため、岡部は逃走した。

岡部(遠藤雄弥)、三枝(山田裕貴)
岡部(遠藤雄弥)、三枝(山田裕貴)

隆平は、美月や事情を知っているであろう彼女の母親に「岡部が木島を襲ったとき『約束が違う』と言っていたそうです。何か心当たりは?」と問うも、そそくさと逃げられてしまった。その後、岡部の自宅の押収物からあるものを発見。病院へと向かった。

寝ている木島の病室へ行き、手で傷口を押し当てながら強引に起こした隆平。痛みに悶える木島に「良かったな。生き延びることができて。あんたに聞きたいことがある」と、ある紙を見せた。「どういうことか説明してもらおうか」と、さらに傷口を手で押し当てる。痛がる彼を尻目に「知っていることを全部洗いざらいぶちまけろ!」と問いただした。

その後、学校内に侵入した岡部から三枝が撃たれてしまう。さらに隆平も撃たれてしまい……。

シーンカット
シーンカット

ネット上では、校長を強引に起こす隆平に「校長の傷口開かせて意識戻させるの本当にぶっ飛んでたwww 怖すぎwww」「容赦ないスクポリ面白い」「銃で撃たれた傷口手で押さえつけて覚醒されるとか藤原竜也式目覚まし斬新」との声があった。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、この夏に配信予定の新ドラマ情報を続々と公開中。6月14日現在、新ドラマ『REAL⇔FAKE 2nd Stage』『ナイト・ドクター』『彼女のウラ世界』『ボイスII 110緊急指令室』の予告動画が配信されているが、情報は順次追加予定となっている(※放送日時や配信予定は変更となる場合があります)。

ページトップへ
Twitter Facebook