三枝(山田裕貴)がスクールポリスに!

藤原竜也が主演を務めるドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第7話が、2月23日に放送される。藤原演じる嶋田隆平の後輩刑事・三枝弘樹を演じる山田裕貴からコメントが到着した。

学校内警察(スクールポリス)が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された隆平が、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。隆平が着任する赤嶺中学校3年1組の担任で国語教師の浅村涼子を真木よう子、隆平の後輩刑事・三枝を山田が演じる。

涼子(真木よう子)、隆平(藤原竜也)
涼子(真木よう子)、隆平(藤原竜也)

先週放送された第6話は、教師間のいじめが題材に。仕事を押し付けられるなどして心身共に疲弊した新津清(須賀健太)は、自殺をはかろうと屋上に向かうが、本心を見抜いた隆平は大胆な行動でこの問題を解決した。インターネット上では、「現職の警官が教師2名に腹パンしてるけど、誰かこの警察を捕まえろ笑」「今回はめっちゃずっと泣いてて今ものすごく目が痛い」「新津先生が無事で良かった……おまえら芝居だったのか……お姉さん本気で心配したんだからな」との声があった。

第7話では三枝がスクールポリスとして活躍する。山田は「毎回、自分だけでは解決できない問題を扱っているストーリーですが、今回は子供の貧困というテーマとなっています。台本を読んですごくグッとくるストーリーにやるせない気持ちになりました。いったいどうやって解決に導いていくのか? いろいろと考えさせられる内容になっていると思いますので、ぜひ見ていただければと思います」とみどころを語った。物語もさることながら、藤原のアクションシーンも再び登場する。そして、小川香里(明日海りお)の死の真相を隠す涼子の過去とは? 香里を死に追いやった犯人は涼子なのか⁉ 新たな真実が明かされる!

香里(明日海りお)
香里(明日海りお)

<第7話あらすじ>
何者かの告発により、香里(明日海)と涼子(真木)が美月(米倉れいあ)の暴行事件をめぐって口論していた事実をつかんだ隆平(藤原)。当時、臨時教員だった涼子が香里の死と同時に本採用になったことや、以前に勤めていた学校での不可解な行動が気になる隆平は、自ら調査に乗り出す。一方、三枝(山田)はそんな隆平をサポートするために、スクールポリスに就任する。

三枝(山田裕貴)、深山(田中奏生)
三枝(山田裕貴)、深山(田中奏生)

その頃、涼子は、近ごろ欠席や遅刻が増え、体が痩せてきた深山敏春(田中奏生)のことが気になっていた。ネグレクトを疑う涼子に対し、深山は笑って言葉を濁すが、クラブで働く母親と祖母と3人で暮らす深山の生活状況は、思った以上に深刻だった。とある事情で深山の過去を知る三枝もまた、涼子と同じく深山を気にかけていたことから、2人は何とか深山を助けようと立ち上がるが、その矢先、金に困った深山が思わぬ行動に出て……!?

一方、涼子の過去を調べていた隆平は、涼子が退職した衝撃の理由を知る。香里を死に追いやった犯人は涼子なのか!? 明かされる新事実に、隆平が導き出した答えは……!?

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、この夏に配信予定の新ドラマ情報を続々と公開中。6月14日現在、新ドラマ『REAL⇔FAKE 2nd Stage』『ナイト・ドクター』『彼女のウラ世界』『ボイスII 110緊急指令室』の予告動画が配信されているが、情報は順次追加予定となっている(※放送日時や配信予定は変更となる場合があります)。

ページトップへ
Twitter Facebook