澪(広瀬アリス)

関ジャニ∞大倉忠義広瀬アリスが出演する木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第4話が、1月28日に放送。松下洸平演じる津山の澪(広瀬)へのスマートな振る舞いに「どう考えても津山さん推すよね」と共感の声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年に放送され、大ヒットを記録した同名ドラマを原作とした本作は、「結婚生活、こんなはずじゃなかった! あの頃に戻って人生をやり直したい!」と日々嘆く恐妻家の主人公・剣崎元春(大倉)が、ある日突然過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから始まるファンタジー・ラブストーリー。

澪(広瀬アリス)、久恵(片平なぎさ)
澪(広瀬アリス)、久恵(片平なぎさ)

ある日、澪が「剣崎主任、私を知っていますか? こんなこと言うのも変なんですが、昔から知っているような親しみを感じるんです」と声をかける。元春は知らないふりをしてやり過ごそうとするが、突然澪の母・久恵(片平なぎさ)が現れ、「やっと会えた!」と嬉しそうに抱きついてくる。澪はあわてて久恵を引き離すが、久恵は元春を「うちの婿さん」と呼び、「澪が毎日怒るから、家に帰ってこなくなっちゃった」と、まるで以前の世界の元春を知っているかのようなそぶりを見せる。

久恵が1年前から認知症であると澪から聞かされた元春。以前の世界で澪が久恵の異変を訴えていたことを思い出し、あの当時から発症していたのではないかと思い至るが、認知症の症状にしてはあまりに辻褄が合いすぎている久恵の“昔話”に「俺が過去を変えたことを知ってるのか?」と元春は胸騒ぎを覚える。

後日、元春がなぎさ(川栄李奈)と木田(森田甘路)の店で飲んでいると、なぎさが「津山に紹介したい人がいる」と話を切り出す。「すっごく気さくで、私と気が合う人。本当はお兄ちゃんのお嫁さんになってほしいくらい」と絶賛すると、元春はそれが澪とは知らず「いいんじゃないか? 紹介してやれ」と勧めてしまう。するとそこに、澪を連れた津山(松下洸平)が登場し、元春は思わず唖然。その後平然を装って澪たちとテーブルを囲むが、楽しそうに笑い合う澪と津山の姿に元春は動揺を隠せない。

今の世界での妻・沙也佳(瀧本美織)の家族らとのゴルフに行っても、元春はずっとうわの空。沙也佳の悩みにも気付けず、ギクシャクしてしまう。そんななか、澪と津山はの距離は徐々に近づいていき……。

津山(松下洸平)は澪(広瀬アリス)に告白する
津山(松下洸平)は澪(広瀬アリス)に告白する

ネット上では、「攻める津山主任いいねー。一緒にいて楽しそうだし、色んなこと押し付けない感じがめっちゃイイ あれは爆モテでしょうね」「どう考えても津山さん推すよね……津山さん優しくて気がきくし何より顔面松下洸平さんだし最高かよ」と絶賛の声が。さまざまな人間関係が交差する今回のストーリーにも「いま隣にいる人をちゃんと見て、相手の気持ち考えて日々過ごさなきゃねってドラマだよねえ」との声が寄せられていた。

次回第5話は、2月4日放送。職場で元春が澪の頭に手をのせているところを、迎えにきた沙也佳に見られてしまう。一方澪の心にも動揺が生じて……。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、9月17日(金)から10月期のスペシャル企画として「米倉涼子ドラマ特集」と「窪田正孝ドラマ特集」がスタート。2人が出演するドラマ作品23タイトル(182エピソード)が無料配信される。

ページトップへ
Twitter Facebook