猪塚健太さん、竹財輝之助さん

竹財輝之助さんと猪塚健太さんがW主演する『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』が、2月26日(金)に公開されます。

丸木戸マキさんによるコミックを原作とした『ポルノグラファー』は、竹財さんと猪塚さんのW主演ドラマとして2018年にフジテレビの動画配信サービスFODで配信されると、史上最速で100万回再生を突破。翌年には、その過去編となる『ポルノグラファー~インディゴの気分~』が配信され、最終章となる本作で初の映画化が実現しました。

竹財さん演じる官能小説家・木島理生と猪塚さん演じる新社会人・久住春彦の恋模様を描いてきた同シリーズも、いよいよ見納め。おふたりに公開を控えた率直なお気持ちと、ラブシーンの裏側などを聞きました。

――「映画化」と聞いた時の心境はいかがでしたか?

猪塚:よっしゃー!!  と思いました。「映画ですか!?」って驚いたし、丸木戸先生が「續・ポルノグラファー プレイバック」を描いていらっしゃる時から、できればやりたいなと思っていたので、それが叶って本当に嬉しかったです。

竹財:ついにここまで来ちゃったって感じですかね。まじっすか? 本気ですか? 大丈夫ですか? って心配になりましたけど(笑)、素直に嬉しかったです。本当にファンのみなさんと進んできたな、という感じがしますね。(猪塚と目を合わせて)試写を観て、どうだった?

竹財輝之助さん、映画化が決まったときの心境は「本気ですか?」
竹財輝之助さん、映画化が決まったときの心境は「本気ですか?」

猪塚:すごく不思議な感じというか。「本当に完成したんだ」という思いと、本編が終わってクレジットが流れているのを見て「こんなにたくさんの方が関わってくださってるんだ」って。最初にドラマを作ってくれた人たちのことも色々と思い出して、感慨深かったです。観終わった時、グググッときていましたね。

竹財:僕は試写に行けなかったのでデータで観たんですけど、ちゃんと映画でした。バカみたいな感想ですけど(苦笑)。前の2作とは、イメージが違うんですよね。『プレイバック』はふたりが付き合ってからのお話で、起伏がないというか、あまりドラマ性がないなと思っていたんです。でも、全然映画でした。すみません、変な感想で。

猪塚:すごくわかります。脚本を含めて、本当にしっかり映画になっていましたよね。そのくらい、ドラマでやっていたことが映画になる不思議さと光栄さがありました。

竹財:僕、あんまり自分の作品をまともに観れないんですけど、今回は普通に観れちゃいました。100分ちょい、あっという間でした。それが何より嬉しかったかも。もちろん、粗は見えちゃって嫌なんですけどね(笑)。

猪塚:探しますよね(笑)。100何分の間に、どれだけ反省すればいいんだっていう。

竹財:ね、嫌だよね(笑)。「なんだ、この顔」とか「もうちょっとやりようがあっただろ」みたいな。

猪塚:それはね、個人としてはいろいろありますけど(笑)。映画としては素晴らしく完成されていましたね。

竹財:すごいものができていました。僕も早く大きなスクリーンで観たいですね。

猪塚健太さん
猪塚健太さん

――前の2作と比べて、精神面や作品に挑む姿勢の違いはありましたか?

竹財:僕は、一番フラットに入れた現場かもしれないです。2作目(『ポルノグラファー~インディゴの気分~』)は本当に怖かったんですよ。プレッシャーもあるし、時間軸が『ポルノグラファー』の前というのもあったし、相手は吉田(宗洋)だし(笑)。今回はスタッフさんが少し変わってしまったんですけど、知り合いのカメラマンさんでしたし、何より(監督の)三木(康一郎)さんがいてくれたので、それだけでありがたかったです。

猪塚:僕は、春彦としての気持ちが『ポルノグラファー』と今回で全然違って。心にあるフラストレーションとか、理生さんへの気持ちとか、クランクインの時には春彦モードになっていたので、気張っていました。心が重かったし、この作品をまたやれるという嬉しい気持ちもあったし……めちゃめちゃ力が入っているのを、竹財さんが和らげてくれました。

――吉田さん演じる城戸士郎は今作でもストーリーに欠かせない存在ですが、吉田さんとの演技はいかがでしたか?

竹財:あいかわらず、城戸として生きてくれました。吉田自体はちょっとポンコツなんですけど(笑)、城戸士郎としては、引き戻してくれるし、包んでくれる。城戸とのシーンと、春彦とのシーンでは、映画でも木島の雰囲気がちゃんと違って見えました。そこらへんをしっかり引っ張っていってくれる役者なので、ありがたい存在ですね。

猪塚:安心感がありましたよね。(蒲生田郁夫役の)大石(吾朗)さんもそうなんですけど、このふたりがすごく支えてくれていると感じました。さすが! いい仕事をしてくれた、吉田さん(笑)。生意気ながらも、映画を観ながらそう思っていました。

――2年に渡るシリーズとなりましたが、初めてお会いした時と今で、お互いの印象に変化はありますか?

竹財:会ってすぐに変わって、そこから変わってないですね。会ってすぐは、木島理生のお芝居に付いてこられるか不安だったけど、それが払拭されてからは何も変わらないです。年下の中で、一番信頼している役者なので。

猪塚:印象は変わらないけど、竹財さんという人がだんだんわかってきて、そんなに気を使わなくてもいいのかもしれない、と思うようにはなりました(笑)。初めは「何を考えていらっしゃるんだろう?」と、木島さんと同じような感じだったんです。でも今は、「これに対して何か思ってるな」とか「これはあまり口出さないほうがいいかもしれない」とか(笑)、色々わかるようになって居心地がよくなりました。

竹財輝之助さんと猪塚健太さんが語るラブシーンの裏側とは?
竹財輝之助さんと猪塚健太さんが語るラブシーンの裏側とは?

――かなり濃厚なラブシーンもありますが、事前におふたりで何か打ち合わせはしたんですか?

竹財:とくにしてないよね。何かしたっけ?

猪塚:ふたりで相談することはなかったんですけど、撮影3日目くらいに(理生の)実家でのラブシーンを撮ったんですね。リハーサルをしている最中に監督がポロッと「ふたり、久々な感じが出てるね」とおっしゃったんですよ。

竹財:あ~、そうだったね。

猪塚:その瞬間に、めちゃくちゃスイッチが入りました。「あぁ、ダメだ」と思って、1個ギアがパンッと。そこからは『ポルノグラファー』を思い出しつつ、でも、こんなに春彦と木島が絡むのは初めてだったので、ちょっと探り合いながら身を任せて……。だから、監督の一言が大きかったですね。

――猪塚さんが、身を任せる感じだったんですね?

猪塚:今回は、身を任せるというより全体的に僕が主導するほうが多かったので、難しかったですね。前回は竹財さんが攻めてくれることが多かったので、それこそ身を任せていたんですけど、今回は僕が色々とすることが多かったので。“オスみ”の出し方が難しいんですよ。抑えるつもりはなかったけど、出し過ぎてもよくないと思っていたので、微妙なラインを考えながらやっていました。

竹財:たしかに“オスみ”が出てたね。僕は完全に身を任せるだけだったので、リアクションだけっていう感じですよ。

竹財輝之助さん
竹財輝之助さん

――ラブシーンは自然なリアクションで成り立っているということでしょうか?

竹財:ぶっちゃけ、結構リアルですからね。この後こうして、その後は……という詳しい段取りまではしないんですよ。こんな感じで、このへんでベッドに行きますか、みたいな簡単な流れしか作らないので、自然なリアクションに身を委ねています。

猪塚:とくに難しかったのは、ラブホテルでの絡みのシーンですかね。僕が後ろで、竹財さんが前で。

竹財:同じ方向を向いてね。

猪塚:僕の顔も見えなきゃいけないし、動きも合わせなきゃいけない。竹財さんも「本当に体重を乗せちゃうと重いから」と、サポートしてくれてたりするし。

竹財:大変なんです、あれは本当に。観たら数秒なんですけど、1時間以上やっているので。

――そんなシーンも含め、配信やDVDだと呼吸を整えるために一時停止もできますが、映画では息付く暇もなくどんどん流れていってしまうんですよね。

竹財:それはもう、瞬きをせずに凝視してほしいですけどね。

猪塚:あとは、何回も観てほしいですね。一時停止できない分、もう一度観て、確認してもらって(笑)。

――確認(笑)。

竹財:「今日は、前半15分が勝負だ!」とか、「いや~、今日は103分からだな」みたいな。

猪塚:あははは(笑)。

竹財:ちょっとずつ区切って観ていただいて。1回目はストップウォッチを持って行って、チェックポイントを確認してもらえたらと思います(笑)。

「僕ら2人の完結をとにかく観て欲しい」と猪塚健太さん
「僕ら2人の完結をとにかく観て欲しい」と猪塚健太さん

――(笑)。現状では、今作がシリーズラストとなります。もう役を演じられない寂しさはありますか? それともやり切った感じですか?

猪塚:今はやり切ったほうが強いですね。まずはこの作品を届けて、僕らふたりの完結をとにかく観て欲しいっていう気持ちが強いです。

竹財:僕も最後のつもりでやっていたし、やり切った感があります。もし丸木戸先生が続編を描いたとしても、違う人にお願いします(笑)。

猪塚:そこまで言います?(笑)。

――2018年当時は、まだBL作品がほとんど映像化されていませんでした。今ではたくさんの作品がある中で、あらためて『ポルノグラファー』の魅力とは何でしょうか?

猪塚:いろんな種類のBL作品がありますが、『ポルノグラファー』は純粋なラブストーリー。たまたま男性同士だっただけで、そこは最初からブレていなくて。愛し合ったふたりが離れてしまって、すれ違った心とか、好きっていう気持ちがぶつかり合って、より強固になる。どんな形の愛でも、キュンキュンする、モヤモヤする物語として楽しめるところが、魅力だと思っています。

竹財:すごくセンシティブな話なのでなんとも言えないですけど、まだまだマイノリティだと思いますよ。でも、この作品については最初から“男同士だから”ではなく“この人だから”という感じでずっとやっていて、そこは変わっていないですね。語弊があるかもしれないけど、この映画が受け入れられるかどうかは、どうでもよくて。僕、作品を観ないで意見するヤツは大っ嫌いなんですけど、観てボロクソに言ってくれる分には全然良いんです。知らない人にも観ていただきたい作品だし、何も恥ずかしがることなくおすすめできる作品。いろんな方に観ていただきたいですね。

――ドラマを観ていなくても、楽しめますよね。

竹財:そうですね。三木さんが優しく振り返り……あ、プレイバック(笑)を入れてくれているので、初めての人でも楽しめるんじゃないかなと思います。

(取材:勝浦阿津希、編集部 撮影:勝浦阿津希)

ページトップへ
Twitter Facebook