エリー(中田喜子)、笛吹新(池脇千鶴)、村木みか(真飛聖)、浜田スミレ(江口のりこ)

池脇千鶴が主演を務めるオトナの土ドラ『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第3話が、1月23日に放送される。

「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有間しのぶによる話題作が原作。人生を諦めかけていた40歳の笛吹新が、超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」の扉を開き、どんな時代も明るくポジティブに生きてきた熟女ホステスたちの影響をうけ、前向きに歩み始める物語。

先週放送された第2話では、ソシアルダンスがうまく踊れない新のために、マスターの蛇ノ目幸吉(品川徹)がダンスインストラクターをしている孫を招集して特訓する。その後、ダンスを踊れるようになった新は、職場に化粧をしていくなど、私生活も変わり始める。そして、初給料を手渡され、感謝を述べる新の姿にインターネット上では「感情移入しちゃう」「お店のみんな(お客様も含めて)とのシーンは心にくるものがあって、勝手に涙出てきた。ジーンとくる」などの声があがっていた。

<第3話あらすじ>
超高齢熟女バー「OLD JACK&ROSE」でのバイトに少しずつなじんできた新だったが、昼間の職場では予想外の試練が待っていた。突然、チームリーダーの浜田スミレ(江口のりこ)に呼び出された新と前園真琴(山崎樹範)。勘違いから、ホストにハマっていると決めつけられた新がリストラ対象になっていることをどう考えているのか、と2人を問い詰める。

「ホ……ホスト? リストラ??」。身に覚えのないことばかりで唖然とする新だったが、熱くなっているスミレの剣幕に、ホスト通いではなく熟女BARでホステスのバイトをしていることを白状せざるをえなくなる。

常連の花山さん(芋洗坂係長)、ナマコ(久本雅美)
常連の花山さん(芋洗坂係長)、ナマコ(久本雅美)

その日の終業後、「OLD JACK&ROSE」の前で、“ホステス募集 40歳以上”の貼り紙をしげしげ眺める村木みか(真飛聖)とスミレの姿があった。2人とも口ではあれこれ言いながらも、新のバイト先が気になって仕方なかったのだ。

「いらっしゃいませ~~……あ!!」ドレスにウィッグ、バッチリメイク。昼間とは別人の“アララ”の姿に衝撃を受ける2人。居心地悪そうにしながらもビールを注文する2人だったが、そこにエリー(中田喜子)が姿を見せる。いつもは明るいキャラクターで店を盛り上げるエリーの様子がどうもおかしい。どうやら彼女が20代の時、散々貢いだ挙句に捨てられた詐欺師のような男に約40年ぶりに再会、しかも同じ団地に引っ越してきたという。

いつもパワフルな熟女ホステスが抱く深い傷に触れた新は……。

水川あさみが主演を務める土曜ドラマ9『ナイルパーチの女子会』(BSテレ東、毎週土曜21:00~)の第5話が、2月27日に放送。水川演じるキャリアウーマン・志村栄利子が、山田真歩演じる主婦・丸尾翔子の日常を侵食していく展開に、インターネット上では「完全にホラー」「恐怖すぎる」などの声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook