関ジャニ∞大倉忠義ラランドサーヤが、1月8日に放送された『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)に出演。関ジャニ∞のメンバーを番組おなじみの芸人たちが演じるというまさかの再現VTRに、出演者はもちろん、視聴者が爆笑する一幕があった。

世界各地の最新ニュースや、日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCはアリタ哲平ことくりぃむしちゅー有田哲平が務め、キャスターを小澤陽子アナが担当。今回は、成功者の知られざる“逆転人生”の再現ドラマを見ることになった。しかし、成功者とまったく似ていない外国人を使うため、サーヤはVTRの配役に疑問を投げかけていく。

そんな中「不遇の時代を乗り越えた逆転人生!」として大倉のエピソードが特集されることに。大倉の夢の始まりは小学4年生。自らジャニーズ事務所に応募し、2年後に合格。16歳になると、お金の大切さを学ぶために新聞配達のアルバイトを始めた。今回は大倉役にイケメンのタレントを使っていたため、サーヤも一安心する。

学生でありながら、アルバイトとレッスンの多忙な日々がスタート。「将来、絶対スターになったる!」と心に決め、基礎レッスンをこなすも、同年代のライバルがどんどんメジャーデビュー。なかなかチャンスが訪れなかったが、入所から5年後、ようやくチャンスが訪れた。

事務所に呼ばれて行くと、そこには現在の関ジャニ∞のメンバーが待ち構えていた。しかし、再現VTRの配役がおかしい。村上信五コウメ太夫安田章大永野丸山隆平ハリウッドザコシショウ横山裕スルメが演じていたのだ。サーヤは「(再現の)大倉さんだけ浮いているって!」とツッコミ。すでに卒業したメンバー3人は年老いたエキストラが演じていたためか「売れるかこんなグループ。鬼のようなジジィがいたぞ!」とぶつけた。最後に、大倉の努力する姿を見たメンバーが、グループに推薦したという感動エピソードがあったものの、サーヤ的には、まったく話が入ってこず「ふざけすぎ!」と嘆いた。

VTRを見て大笑いしていた大倉は「昔を思い出しますし、あのメンバーがいたからこそ、ここまで来られたなって思っているので、出会えたのが宝ですね」としみじみ。サーヤは、コウメ太夫が白塗りのまま演じていたことに対して苦言を呈すが、大倉は「笑いに走りたいのは分かるんですけど、僕たちの人生なんで、変なツッコミを入れられても……それは違うかな」とピシャリ。最後までボケ続け、笑いを誘っていた。

インターネット上では、芸人が扮した再現VTRに「やりたい放題やww」「大笑いする大倉くんを見られたから満足ー」「関ジャニ∞の再現VTRがおもろすぎて爆笑してしまったw」との声があった。

次回は1月15日に放送。香里奈ANZEN漫才みやぞんがゲスト出演する。

有吉弘行、タカアンドトシ、アンガールズ・田中卓志が本気でオンラインゲームをプレイする「有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?」(毎週日曜夜10時)。2月28日(日)の放送は、ゲストに池田美優とロッチ・中岡創一を迎え、「電車でGO!! はしろう山手線」をプレイ。「テレ東プラス」では、特別に先取りで番組内容を紹介します。今回は「ホテル椿山荘東京」からお届けします! 超一流ホテルを利用できるとあり、まずは素敵な庭園をお散歩させていただくことに。庭園に一歩足を踏み入れた途端に歌い出

ページトップへ
Twitter Facebook