12月8日の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜22:00~)は、「その瞬間キュンです」の第2弾が放送。足立梨花河北麻友子中村静香生見愛瑠野呂佳代堀田茜峯岸みなみが、思わず胸キュンした男性共演者とのエピソードをドラマ化して紹介した。

漫才、トーク、ロケ、どれを取っても一級品で、現在のお笑い界を引っ張るMCの博多華丸・大吉千鳥ノブ大悟)が、ゲストのテッパン(=絶対に面白い)話を聞き出していくトークバラエティ。今回はかまいたち山内健司濱家隆一)が進行を担当した。

堀田は、ある芸人を最初は素っ気ない人だと思っていたが、さりげなく荷物を持ってくれたことを機に、それまでの言動全てがレディファーストだったと知り「本気で好きになりかけた」と興奮。大悟は「仲良くなれる芸人じゃないかも」など嫌悪感を抱くが、本人である飯尾和樹ずん)がスタジオに登場すると態度を一変。「お父さんが子供の(荷物を)持ってやるのと一緒やん」と納得した。

その後、河北は有田哲平くりぃむしちゅー)、生見は昴生ミキ)、中村は森田哲矢さらば青春の光)とのキュンエピソードを明かすが、スタジオの男性陣にはあまり響かない。そんな中、ノブや大悟が羨ましがったのは足立のエピソードで、その芸人の家には、共演者同士で遊びに行くなどプライベートでも親交があると告白。相手が板倉俊之インパルス)だと打ち明けると、ノブは「めちゃくちゃ最高です! それをしに芸能界入ったんです。なのにできてない……」としょんぼり。足立が板倉を「板さん」と呼ぶ仲だと知り悔しがった。

その後、濱家が、芸人から言われたこの言葉忘れられないというのはあるか? と尋ねると、草薙航基宮下草薙)が大悟と焼肉に行ったときのエピソードを告白。良い肉の焼き方がわからず焼き過ぎてしまった草薙に対し、大悟がサッと自分で肉を焼き「タンはこれぐらいでエェ」と教えてくれたと回顧。大悟は前に座る草薙のクリアボードを足で小突き「焼肉屋さんのセリフやないかい」「頼むからその話、二度とするなよ」と忠告。ノブは面白がって、「カッコイイ。相方として誇らしいわ」とそのエピソードに爆笑した。

ラストには、ノブが「相方にキュンとすることは?」と振られ、『THE MANZAI』準決勝での出来事を回顧。楽屋でネタ合わせをするか大悟に尋ねると、「今から何やっても遅せぇわ。ネタ合わせする方がブレらぁ」と相方の頼もしさを感じたという。しかし、いざ舞台に立つと、緊張のあまり大悟はネタを飛ばしてしまい、ノブの方を涙目で見て、「なんじゃったかのぅ」と尋ねてきたときに「キュンした」と吐露。大悟は「ワシは“ずきゅーん”としたよ」と続け一同大爆笑となった。

インターネット上では、「ノブさんが話す大悟の『なんじゃったかのぅ』は何回も聞いてるのに笑ってしまう」「タンはこれぐらいでいい..…… 奥ふかいで~」「芸人ちょっといい話満載だわ」「胸キュン話ではなく芸人当てクイズになってる」などのコメントが寄せられた。

次回12月15日の放送は、東山紀之少年隊)、A.B.C-Z橋本良亮五関晃一が出演する。

マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。11月30日の放送では、「カボチャの世界」と「国道16号線の世界」が紹介される。

ページトップへ
Twitter Facebook