安藤ニコ、末澤誠也、佐野ひなこ

2021年1月7日にスタートする大倉忠義が主演、広瀬アリスがヒロインを務め、恐妻家に怯える主人公がタイムスリップという奇跡がきっかけで妻を入れ替えたことにより“本当に大切なことは何なのか”を模索するファンタジーラブストーリー『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大SP)に、末澤誠也Aぇ!group関西ジャニーズJr.)、佐野ひなこ安藤ニコの出演が決定。さらに、末澤が主演を務めるスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』がFODで独占配信される。

『知ってるワイフ』は、韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年8月~9月に放送された同名原作ドラマ。有料放送にも関わらず、同時間帯ドラマの視聴率1位を獲得(視聴者調査会社ニールセンコリア調べ)。誰もが抱える結婚生活の不満と後悔をリアルかつコミカルに描きながら、「あの日、あの時に戻りたい」という悲痛な願いがかなってしまい、奇跡の人生を手に入れた主人公を通して、“自分にとって大切な人とはどんな人なのか?”“誰かと人生を生きていくとはどういうことなのか?”そんな夫婦の普遍的ともいえるテーマを追求していくファンタジーラブストーリー。

末澤が演じるのは、大倉演じる主人公・剣崎元春と同じ融資課担当の新人行員、篠原恭介。篠原は、いわゆる“ゆとり教育世代”。頭の回転が速く効率的に仕事をこなし、やりたくないことはやらない。上司の命令に素直に従う元春たちを見ながら、「こんな風にはなりたくない」と思っている。一方で、IT会社の役員を務めている優秀な兄と比較されて育ったため、人からの評価に敏感。そんな劣等感を悟られないようにクールな人物を気取っているが、実は繊細で心優しい青年だ。

佐野が演じるのは元春の同僚で、窓口課担当の尾形恵海。尾形は、仕事も頑張り、プライベートにも全力なアグレッシブな女性。何事にも積極的な性格で、ストレス発散はひとりでバッティングセンターに行くこと。また、ファッションや美容などへの関心も高く努力を怠らず、男性からのアプローチが途絶えない自他共に認める“モテ女子”。周囲からは恋愛経験豊富にみられがちだが、実は「人を好きになるとは? 本当の恋ってなんだろう?」と考えてしまうピュアな一面も。年齢の近い静香(安藤)とはプライベートでも仲が良く、仕事でも良きチームプレーを発揮する。

そして、安藤が演じるのは元春の同僚で、窓口課担当の樋口静香。樋口は、普段は物静かだが、自分の信念をしっかりと持っており、篠原や恵海が悩んでいれば、励まそうと懸命に向き合う優しい女性。しかし、恋愛となると別。意識しすぎて、相手とうまく意思疎通がとれないのが悩み。恵海に誘われて合コンに参加するが、緊張しすぎて楽しめない。自分とは正反対のアグレッシブな恵海を見ながら「あんな風に生きてみたい」と憧れている。そんなうっぷんを晴らすべく、週末はライブ三昧で、普段からは想像もつかないようなテンションで盛り上がっているらしく……。

地上波ドラマで垣間見える三角関係の行方をユーモラスに描く本作は、地上波初回放送終了後に第1話を配信。以降、毎週木曜の番組終了後(22時54分頃)に配信予定となっている。

<末澤誠也 コメント>
――今作のオファーを受けた際の心境について。

オーディションを受けさせて頂き、結果を聞いた時は素直に喜びと驚きが同時にきました。連続ドラマにレギュラー出演するのが一つの目標でもあったので、自分なりの表現の仕方で、全身全霊で挑ませて頂きました。それだけでなく、FODで配信されるスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』では、まさかの主演を務めさせていただけることになり……全く想像していなかったことでしたので、実感がなかなか湧いてこなかったんですが、台本を頂いた時に、本当なんだ……と改めて責任感と喜びが込み上げてきました。

――今作の役柄について。

監督から、篠原恭介は今時の感じの子であまり感情が表に出ないタイプと言われていたので、自分とは真逆で苦労した部分もありました。篠原恭介という役をみなさんに愛して頂けるよう精一杯取り組ませて頂きましたので、見てくださった方に少しイラっと、でも、憎めないなぁ……と思っていただけるとうれしいです。

――見どころなど視聴者の方へメッセージ。

今の時代だからこそ伝わるメッセージがあり、大切な人だからこそ、もっと大切にしようと改めて気付かされるストーリーだと思います。『知ってるシノハラ』では、篠原恭介の違った一面を見て頂けますので、本放送もスピンオフドラマもどちらも明るく楽しんで頂けるとうれしいです。

白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)が主演を務める土曜ドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第8話が、6月12日に放送。インターネット上では、インターネット上では、あるゲストが登場し大盛り上がりとなった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook