上野樹里が主演を務める月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第1話が、11月2日に放送。インターネット上では、第2シリーズの開幕にふさわしい感動のストーリーや、出演者の熱演に対し、多くの反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は2019年夏クールに放送された同名作の続編で、上野演じる主人公で法医学者の万木朝顔が、さまざまな遺体の“生きた証”を探す異色のヒューマンドラマ。朝顔の父でベテラン刑事の万木平を演じる時任三郎や、朝顔の夫で同じく刑事の桑原真也を演じる風間俊介の他に、志田未来中尾明慶森本慎太郎SixTONES)、藤原季節斉藤陽一郎坂ノ上茜田川隼嗣宮本茉由辰巳雄大ふぉ〜ゆ〜)、戸次重幸平岩紙三宅弘城杉本哲太板尾創路山口智子らが顔を揃える。

第1話は、朝顔と真也と平、そして、5歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)の一家4人が何気ない日常を過ごす幸せな場面からスタート。ある日、朝顔は、勤務先である興雲大学法医学教室に出勤する途中、立体歩道橋で発生した群衆雪崩の事故現場に遭遇してしまう。事故は近くのスタジアムで火災報知器が作動し、大勢の人たちがパニックになって立体歩道橋に集中したことで発生。被害者総数43名のうち、死者4名、意識不明の重体1名が出る大惨事となってしまう。

現場では異臭がしたという声もあり、さらに妻を亡くした佐藤祐樹(松田元太)という男性が「これは事故ではありません、殺人です」とテレビで証言。さらに佐藤は、群衆雪崩が起きる前に、亡くなった身元不明の男性が妻に痴漢をしていたと訴えていた。平や真也は、その線からも捜査を始める。

夏目茶子(山口智子)、万木朝顔(上野樹里)
夏目茶子(山口智子)、万木朝顔(上野樹里)

事件か事故かもはっきりしないまま、朝顔は海外出張から戻ってきた主任教授の夏目茶子(山口)らと共に4名の遺体の解剖に着手。「教えてください。お願いします」と遺体に手を添えて、死因を探っていく朝顔。その過程で、痴漢を疑われていた男性の手にはひっかかれたような傷があり、佐藤の妻の爪にはその男性の皮膚片が残っていたことがわかる。さらに、男性の死因が他の3人とは異なり、エコノミークラス症候群だったことも判明。何かに気がついた茶子は、「ぜひ、会っていただきたい方がおります」と、朝顔にある人物を会わせようとする。

群衆雪崩が起きた原因を突き止めるために朝顔たちが奔走する第1話では、前作から続く、朝顔と東日本大震災で行方不明になった母の里子(石田ひかり)の物語も展開。怪我をした平の代わりに、祖父の嶋田浩之(柄本明)のもとを訪れた朝顔は、震災当日の母の様子を思い出しながら、逃げ遅れた人たちがたくさん亡くなった場所だという沼を一人でさらい続ける。

一家4人の団らんや野毛山署のメンバーたちの軽妙なやり取りが描かれる一方で、深い悲しみを湛えたストーリーが繰り広げられる本作。ネット上では「私たちと同じ普通の日常も忘れず盛り込まれていて、ちょっとした息抜きもある。今日普通に生きている事がどんなに幸せな事か……この家族にはずっと幸せでいてほしい」「朝顔久しぶりにこんな泣いたってくらい泣いた。今ある日常も当たり前じゃないよね。大切な人にはきちんと言葉で伝えなきゃ」「毎回ボロボロ泣かずにはいられない……今日も初回から号泣」などのコメントが寄せられていた。

また、出演者の熱演に賞賛の声も殺到。「上野樹里さんの演技がめっちゃ自然な感じで好き」「柄本明さんはほんま七変化や」「風間くん、辰巳くん、慎太郎、元太演技うまくね? 普通に見入っちゃう」などの書き込みが相次いだ。

次回、11月9日放送の第2話は、野毛山署管内のひと気のない空き地で、男子中学生の遺体が発見される。

ミステリー界の重鎮・西村京太郎氏の原作を沢口靖子主演で映像化。警視庁鉄道捜査隊・東京駅分駐所に所属する鉄道捜査官・花村乃里子の活躍を旅情たっぷりに描く人気シリーズ『鉄道捜査官』。 本日8月2日(月)、その第19弾が放送さ

ページトップへ
Twitter Facebook