9月17日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)に、「グループ内のメンバーを狙っている男性アイドル」としてプラチナボーイズ小池成が登場。その強烈なキャラクターに、マツコ・デラックスが「(独立して他のメンバーと)別れたら?」と提案する一幕もあった。

同番組は、独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之ナインティナイン)、マツコ、山里亮太南海キャンディーズ)とアウトなトークを展開するトークバラエティ。この日はアウト軍団として、小原ブラス高橋ひとみ塚田僚一A.B.C-Z)、戦慄かなの横川尚隆矢部文子、矢部美穂が出演した。

小池と牧田一成、和田光太郎小川拓哉、長田光平の5人で構成されるプラチナボーイズは、昨年10月にデビューのボーイズグループ。DA PUMPw‐inds.三浦大知らを先輩に持ち、端正な顔立ちとパフォーマンスで人気を集めている。

登場するやいなや、独特のオネエキャラでスタジオを沸かす小池。デビュー当時の写真を見たマツコは「もう(この時点でオネエを)隠せてないわね」と突っ込む。

「狙っているメンバーは?」と尋ねる矢部に「可愛がっているのが長田と牧田」と小池。反面、和田と小川は「論外」「自分に口答えをする」という。「(小池が)腰が入ってるような振りを付けちゃうんじゃないの?」というマツコに、小池は意味深な笑みを浮かべた。

メンバーたちのダンスレッスン現場に設置した隠しカメラのVTRでは、小池が「あ〜ん!」と甘い声を張り上げながら、セクシーな振り付けをメンバーに強いる様子が。とくに小池が狙う長田、牧田への振る舞いは特に激しく、突然、ミスト(霧吹き)を吹きかけたり、強引に小顔マッサージを施したりとやりたい放題。「テレビって怖いですね」と漏らす小池に思わず「お前のほうが怖いよ!」とマツコ。

さらにメンバーからは、「宿で同室になったら、隣のベッドに寝ていたはずの小池がいつのまにか真横に寝ていた」「髪の毛に付けたラメの光でライブ中に目をやられる」といったクレームが寄せられた。

そんな小池に対し、マツコは「安室(奈美恵)ちゃんが(SUPER MONKEY'S)から独り立ちして(残った)4人がMAXになったように、(今のメンバーと)別れたら?」と提案。「5人でプラチナボーイズなので」と小池は拒否するが、山里が「それを口癖のようにVTRで言ってたけど、成くん以外誰も(その言葉を)言わないんだよね」とチクリ。

破天荒すぎる小池のキャラクターに、インターネット上では「絶対人気出ると思うんだけど小池さん」「キャラもインパクトすごかったけど、振り付けもすごかった」と、絶賛する声が寄せられていた。

2001年にデビュー。以来、数々のヒット曲を生み出し、歌姫として圧倒的な存在感を放ち続けてきた日本屈指の女性アーティスト。今年デビュー20周年を迎える「中島美嘉」BLOOD SONGは…新曲『SYMPHONIA』と中島みゆき楽曲『命の別名』を披露毎週1組のアー

ページトップへ
Twitter Facebook