9月3日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)に、自ら顔を整形したというアイドルのあああミンチカツになったちさてぃおが出演。その驚きの整形法に、出演者一同がザワついた。

同番組は、独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之ナインティナイン)、マツコ・デラックス山里亮太南海キャンディーズ)とアウトなトークを展開するトークバラエティ。この日はアウト軍団として、小原ブラス戦慄かなの塚田僚一A.B.C-Z)、遠野なぎこミラクルひかる矢部文子、矢部美穂、横川尚隆が出演した。

「アウトすぎるアイドル大集結」と題した今回は、まずはじめに19歳で現役大学生のアイドル・あああミンチカツになったちさてぃおが登場。その独特すぎる名前は、講談社の主催する女性アイドルオーディション「ミスiD」で目立つために付けたものだそうで、スタジオでは本人の要望に沿って「ちさと」と呼ぶことに。

ちさとは、さっそく高校時代にまぶたを自ら針で切って、一重から二重にしたことを告白。その理由について、「高校の校則がきつくて、アイプチはだめって言われたから、じゃあ、自分でアイプチみたいに折り込めるようにすればいいんだと思って」と明かし、矢部を爆笑させていた。

「膿とか血豆ができたら、アイプチみたいに折り込めるじゃないですか」と語るちさとに、スタジオはドン引き。一方で、一重だった頃の写真と見比べたマツコは「病院行って改めてキレイに治してもらったりとかしてないんだよね? うまいなー」と感心し、山里も「天才的な技術持ってますよね」と同意していた。

さらに、ちさとがまぶただけではなく、目頭も眉毛用のハサミで切開したことを打ち明けると、マツコは「えーーーー!」と絶叫。ちさとは、痛み止めなどの処置を一切行わずに、目頭を切開したそうで、「痛くないですもん」と事も無げに語った。

マツコは「昔はよくみんな、電話帳とかに耳当てて、針で(ピアスの)穴開けてたのよ」と説明。このエピソードを聞いたちさとは「頭おかしい」と反応し、全員から「お前のほうがおかしいよ!」とツッコまれていた。

他にも、針金をライターで炙ってほくろを焼いたエピソードなど、”アウト”な話が次々と飛び出すが、ちさと本人は「普通ですよ、けっこう」と主張。マツコは「本当にヤバい人ほど自分のこと普通だと思っているからね」と反論していた。

インターネット上では、ちさとのアウトすぎる行動に対して「自分で整形したとかやばすぎる……鳥肌たってる……」「アウトすぎてびっくりするwwww」「ヤバすぎだろ自分で目の整形するとか」などのコメントが噴出。番組内でも「※決してマネしないでください」とテロップを出して注意喚起を行っていた。

この日は、ちさと以外にMカップのグラビアアイドル・ももせももや、マナカナの愛称でお馴染みの三倉茉奈三倉佳奈姉妹を瞬時に見分ける芸人のこっちゃんが登場して、番組を盛り上げた。

次回は9月10日に放送される。

【配信終了:2021年6月17日(木)】動画はこちら売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時放送)。6月10日(木)の放送では、官能小説界のレジェンド作家・睦月影郎さんが、成り上がり伝説から小説執筆の裏側まで大暴露!現在65歳の睦月さんは23歳の時に官能小説家としてデビュー。美少女系、熟女系をはじめ、ジャンルに囚われない作風で人気を博し、600以上の作品を発表した官能小説界の文豪だ。レジェンド級の睦月さんのMA

ページトップへ
Twitter Facebook