9月1日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、大阪市内にある創業71年の老舗書店「隆祥館書店」の店主・二村知子に密着する。“街の本屋”を守る彼女のルールとは?

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高尾崎世界観クリープハイプ)、長濱ねる本谷有希子YOU。ナレーションは、小野賢章が務める。

二村は、まるで昭和時代に戻ったかのような雰囲気が残る同店の店主を務めている。1949年に二村の父・善明さんが開業し、5年前に彼女が引き継いだ。二村は、1000人もの客の好みを熟知し、その人に合う本を提案する「本の目利き」として人気を集める。20年前と比べ、全国の書店は半数近くまで減少する中、わずか13坪という小さな書店ながら、書籍別の売上で、ときに大型書店やAmazonを超えることもあるという。

そんな二村は、かつてシンクロナイズドスイミング日本代表として活躍し、世界大会で銅メダルを獲得した異色の経歴を持つ。世界的な指導者・井村雅代コーチの下で教えを受けた彼女には、今でも支えとなっている言葉があるという。

二村知子はかつてシンクロナイズドスイミング日本代表として活躍
二村知子はかつてシンクロナイズドスイミング日本代表として活躍

地域に貢献するという思いを持ち、「小さな書店でも生き残る方法はあるはず」と語る二村。出版不況の時代に「本の力で奇跡を起こせるんじゃないか」と信じ、“街の本屋”を守り続ける彼女の7つのルールに迫る。

スタジオでは、「書店員さんが熱く薦める本が一番売れる」という話題に。すると尾崎は、CD売り場で自身と別のバンドとの“ポップ”を見比べてしまうと明かす。その理由とは?

二村知子が店主を務める「隆祥館書店」
二村知子が店主を務める「隆祥館書店」

また、二村の読書法をきっかけに、本谷は、読書中に線を引いた箇所を後で見返すと、過去の自分の考えが理解できなくなるという。それに対し、長濱は、携帯にメモを残しながら読書をするといい、後で見返すと「メモしていてよかったと思う」と話し、対照的な2人の読書法に、メンバー一同が爆笑する。

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティ『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。 4月12日(月)の放送では、お笑い研究部の最新作「

ページトップへ
Twitter Facebook