石原さとみ

石原さとみが主演を務める木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の7話が、8月27日に放送。インターネット上では、西野七瀬の衣装に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。

みどりが新人の頃から見ていた急性骨髄性白血病で入院中の患者・簑島心春(穂志もえか)の退院が決まった。みどりは涙をためて小春にかけより「おめでとう」と祝福する。

販田聡子(真矢ミキ)は、相原くるみ(西野)に、2人が7年以上の付き合いであること、心春の担当をみどりに指名したのが瀬野章吾(田中圭)であることなどを教える。心春は、みどりに憧れて薬科大学に進学したものの、1年5か月前に再発してしまい再入院に。当時の回想シーンで、再入院となっても元気にふるまう心春から「どんなに努力しても、どうしようもできないことってあるんだよね」と告げられ、みどりは目に涙をためていた。

そんな中、議員の古賀万奈美(渡辺真起子)が左尺骨のヒビで特別室に入院してきた。彼女は元秘書からのパワハラ告発もあり、萬津総合病院を隠れ蓑にするつもりだという。病院長や担当の医師以外は、議員の彼女が入院していることは知らない。古賀の担当となったのは、みどりとくるみ。変装もしていたため、議員とは知らず、いつものように問診をするが、答えるのは秘書の鴨居健介(モロ師岡)だった。みどりは、彼女が苦しそうに胸をおさえていることに違和感を覚える。

退勤後、くるみが様々な医学書を購入しようと本屋に行くと、「救急認定薬剤師ガイドライン」を熟読している小野塚綾(成田凌)と遭遇する。雨が降る帰り道、相合傘の状態で「ビックリしました。小野塚さんが救急認定薬剤師目指しているなんて。葵さん驚くだろうな」と告げると、小野塚は、みどりのおせっかいが面倒なので「言わないでくださいね」と返した。

翌日、心春の前に現れた古賀が、胸をおさえて倒れてしまう。国会議員であることを知ってしまったみどりだが、変わらずに一人の患者として検査を促す。古賀は薬剤師の仕事が多岐にわたりすぎていると苦言を呈すが、みどりは「自分のやり方を変えるつもりはありません!」とキッパリ断るのだった。

その後、聡子から古賀へ近づかないよう指示を出されていたみどりだったが、彼女が抱えている苦しみは何なのか、原因を探ろうとする。そして、くるみは瀬野に、なぜ新人のみどりに心春を任せたのかを聞いたことで、彼女の秘密を知る……。

ネット上では、くるみと小野塚の遭遇シーンについて「心やられました」「なあちゃんのノースリーブ可愛すぎる」といった声が。また、心春の「どうしようもないこと~」というセリフや、みどりの仕事ぶりには「心春ちゃんの言葉が刺さった。受け入れ難いことを受け入れなきゃならないって本当辛い」「石原さとみさんの涙を抑えている時の表情とかほんとに素敵」「患者さんへ話しかける感じがホッとします。患者さんも癒されて励まされて、病気が治っていくんですよ」との反応があった。

関ジャニ∞の大倉忠義と広瀬アリスが共演する木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第8話が、2月25日に放送。広瀬演じる澪の行動に、インターネット上では称賛の声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook