高林由紀子、山谷花純、佐戸井けん太

高林由紀子山谷花純佐戸井けん太が、8月20日に放送される石原さとみ主演の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第6話にゲスト出演することがわかった。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。萬津総合病院で働く病院薬剤師・葵みどり(石原)が、新人の相原くるみ(西野七瀬)や、先輩の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部の面々と共に、患者の“当たり前の日常”を守るために奮闘する姿が描かれる。

今回、高林が演じるのは、萬津総合病院に入院する高齢女性・小川早苗。早苗は、みどりに現在飲んでいる薬の有無を尋ねられるが、何も飲んでいないと答える。処方された薬を指示通りに飲む早苗の体調は一向に良くならず、その原因として多剤耐性菌(抗生剤を使用しすぎることにより、多くの抗菌薬に耐性を獲得した菌)を早苗が持っている可能性が出てくる。みどりは早苗が倒れる前に抗生剤を処方されていなかったのかどうか調べ始める。

山谷演じる遠野倫は、くるみが初めて一人で服薬指導をすることになる、ひどい生理痛に苦しむ患者。くるみの服薬指導通りに薬を飲んで生活するも体調は改善せず、それどころか、激しい腹痛に襲われ、入院することになってしまう。

佐戸井が演じるのは、昔から町に根づいている長崎医院の開業医・長崎浩。長崎医院は、現在服用している薬はないと言い張る早苗が以前通っていたと思われる病院。みどりは、長崎が早苗にどんな処方をしていたのか真相を知るため長崎医院へと向かい、長崎と対峙する。

<高林由紀子 コメント>
病院薬剤師の連続ドラマって初めてでしょうか。買い物がてらのウォーキング、食事作りの毎日の中、コロナの壁が迫ってくるようでいつもと違う感覚で撮影に臨みました。早苗は独身で会社の事務職を定年退職、退職金で中古のマンションを買い趣味でパッチワークをしているという女性で、全て私には経験のない事ばかりでした。そんな早苗の生き方が身につまされました。ぜひ、早苗さんと同年代の方たちの感想をお聞きしたいです。

<山谷花純 コメント>
放送開始前から楽しみにしていた作品に出演させていただき、とても幸せです。コロナの影響で蓄えていたさまざまな感情を、芝居を通して放出することができました。私が演じた遠野倫は月経困難症に悩む一人の女性です。病と向き合う過程の中で、正しい知識を得て人に頼る勇気が生まれるまでの成長を見ていただきたいです。他人からしたら、“たかがそれだけ”と感じる悩みも当人にとってはすごく大きな悩みの場合もあります。きっと、多くの女性が抱えるこの病に対して、少しでも多くの方々に理解していただけるきっかけになればうれしいです。

<佐戸井けん太 コメント>
第6話は、医者と患者との信頼関係のお話だと思います。寄る辺ない身の上の方にとって、長崎先生が出してくれる薬はまさに命綱。大病院が必ず非人間的で、町医者が必ず人情味あふれているって訳でもないけど、大病院では得られない安らぎを、温かな長崎医院に求めているんですね。でも、長崎先生が良かれと処方した薬が意外な結果を招きます。今回、長崎先生を演じて感じたのは“初心忘るべからず”って事ですね。

<第6話あらすじ>
パッチワーク教室付近で高齢の女性、小川早苗(高林)が倒れ、萬津総合病院に入院することになった。みどり(石原)は早苗に現在飲んでいる薬の有無を尋ねるが、早苗はなにも飲んでいないと答える。その後、処方された薬を指示通りに飲む早苗だが、一向に体調が良くならない。みどりは早苗が倒れる前に飲んでいた薬が本当になかったのかを確かめる。

一方、重い生理痛で萬津総合病院の外来にやって来た遠野倫(山谷)の服薬指導を、相原くるみ(西野)が初めて一人で担当することになった。倫はくるみの服薬指導通りに薬を飲んで生活するも、体調が改善しない。それどころか、激しい腹痛に襲われて入院することになってしまう。

ページトップへ
Twitter Facebook