石原さとみが主演を務める木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の4話が、8月6日に放送。インターネット上では、田中圭の役どころに反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。

みどりが「娘娘亭」で小野塚綾(成田凌)と食事をしていると、店主・辰川秀三(迫田孝也)の娘・樹里(久保田紗友)が帰宅。彼女が倒れそうになっていたところを助けたみどりは「大丈夫?」と声をかける。彼女の行動に小野塚は「葵さん本当おせっかいですよね。自分の患者でもないのに」とこぼした。

翌日、相原くるみ(西野七瀬)に昨日あった出来事を話していると物音が。羽倉龍一(菅原大吉)が階段でうずくまっていたのだ。助けようとするも、自分は医者であり、薬剤師よりは自分の体を分かっていると介助を拒否。妻の志帆(宮田早苗)に連れられて病室に戻った。

調剤室で仕事をしていると、みどりの同僚である羽倉龍之介(井之脇海)を訪ねて、志帆がやって来た。龍之介と龍一は親子関係であるものの、不仲であり、志帆の計らいで彼が働く病院へ入院させたのだった。

瀬野章吾(田中)から、里が倒れて搬送されたと聞かされたみどり。樹里への診断は摂食障害。何らかのストレスを抱えていると感じたみどりは、病院に駆けつけた秀三に、最近の変化を訊ねた。彼曰く、祖父・太一(伊武雅刀)が末期がんで入院しており、その頃から彼女が口を聞いてくれなくなったという。

みどりは、樹里が感じているストレスの要因は、太一の病気であるだろうと予想をしつつも、何も話してくれないため悩んでしまう。そんな彼女に、瀬野は「なに新人みたいなこと言ってんだよ」とバッサリ。「医者は患者を見る。薬剤師は患者の生活や周りの人たちを見る。話聞く相手がいるだろ」とアドバイスを送った。

一方、事故で入院したはずの龍一には認知症の疑いが。龍一は、入院先の病院で龍之介が働いていることを知り、明日退院すると言い始めた。

志帆から、龍一が自身の判断で様々な薬を大量に飲んでいたと聞いたみどりは、それが原因で認知症の症状が出ているのではと一人で調べ始めた。龍之介は薬剤師に対して否定的な考えを持つ父親であるため、みどりの行動に疑問を持つが「羽倉龍一さんっていう患者さんのために薬剤師として最後まで責任持ちなよ!」と告げる。みどりの言葉に突き動かされた龍之介は、彼女を手伝うことに。

夜遅くまで仕事をしていると、当直中の瀬野がやって来た。龍之介は買い出し中でその場におらず、みどりは寝てしまっていた。瀬野が舌打ちしつつ、そっと彼女にブランケットをかけると、ちょうど龍之介が帰ってきた。「瀬野さんって優しいですね。明日の朝礼でみんなに伝えます」とイジられると、笑顔で「お前、上司ナメてんだろ?」と返した。翌朝、調べ物を進める2人に、龍一が退院するとの情報が入る……。

ネット上では、普段クールな瀬野のふとした優しさに反応が多く「瀬野さん、やさしい。部下にいじられて可愛い。惚れてしまうやつよね」「今週も瀬野さんのツンデレにヤラれた……でも今週はデレ多めありがとうございます」「今夜の瀬野さんは優しいし、可愛いし、カッコイイし、撃たれっぱなしだった ナニアレ……」「毎回予想超えてくる」といった声があった。

松井愛莉が主演を務めるオリジナルドラマ『エロい彼氏が私を魅わす』が、FODで配信中。第1話「私の子宮が指さす彼」では、松井演じる“お嬢様”の境野仁美と、笠松将演じる“ワイルド”な甲斐まなぶの出会いが描かれた。

ページトップへ
Twitter Facebook