佐藤大樹

佐藤大樹EXILEFANTASTICS from EXILE TRIBE)が、8月29日スタートのオトナの土ドラ『恐怖新聞』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)に出演することがわかった。佐藤は、主演の白石聖演じる小野田詩弦の恋人・松田勇介を演じる。また、主題歌がTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの「FEARS」に決定した。

捕まったら、死ぬ『イット』、見たら、死ぬ『バード・ボックス』、音を立てたら、死ぬ『クワイエット・プレイス』など、世界的に“ルール系ホラー”のリバイバルの波が来ている昨今。呪いのビデオを見たら、1週間後に必ず死ぬ“元祖・ルール系ホラー”『リング』で、世界中を震撼させた中田秀夫が、70年代にオカルトブームの火付け役となったつのだじろうによるオカルトマンガの金字塔「恐怖新聞」を原作に、新たな“ルール系ホラー”を世に放つ。

京都市内の大学に通う女子大生・詩弦は念願の一人暮らしを始めた途端に、恐怖新聞が届くように。最初はイタズラだと思っていた詩弦だが、次々と新聞に書かれた通りの事件が起こり、信じるように……。前途洋々の大学生活が、死と隣り合わせの悪夢へと一変する!? ――恐怖新聞は、1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まるのだ……。

佐藤が今回演じる勇介は、バイトを3つ掛け持ちしているフリーター。多少、不器用で、口が悪い部分もあるが、根は優しい。デリバリーサービスのバイトをしていて、出逢った詩弦と恋に落ち、恐怖新聞と関わるようになった事で、人生が激変する。不条理な状況下の中で、勇介自身が潜在的に持っていた弱さやエゴが浮き彫りになり、それが複雑な人間関係を生むことに。

なお、詩弦の母親・小野田歌子を黒木瞳が演じるのは既報の通り。さらに、京都東警察署の刑事・篠崎林太郎を駿河太郎、詩弦の父親・小野田蔵之介を横田栄司、詩弦の幼馴染で同じ大学に通う宮沢桃香を片山友希、詩弦が引っ越したマンションの隣人・片桐ともをを坂口涼太郎が演じる。

次回 11月28日(土)よる10時 第8話が放送の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。今作の中の象徴的な場所の一つである「図書館」。第1話では、「目なんか覚めなきゃ良かった」とポロポロ涙をこぼす望美(柴咲コウ)に、結人(坂口健太郎)が望美は初恋の人であるこ

ページトップへ
Twitter Facebook