石原さとみが主演を務める木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第3話が、7月30日に放送される。浅利陽介が小学校教師役でゲスト出演する。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。石原のほか、西野七瀬成田凌桜井ユキ井之脇海金澤美穂真矢ミキ迫田孝也池田鉄洋でんでん田中圭らが出演する。

<第3話あらすじ>
葵みどり(石原)は相原くるみ(西野)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさにへきえきするくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井)を販田聡子(真矢)がいさめる。

みどりはくるみと新田に服用薬を教えてもらうと、大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。ちゅうちょしながら店内に入り、薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は「娘娘亭」で顔見知りの小野塚綾(成田)だった。薬剤師だった事と電話での新田の薬についての応対も小野塚だった事に憤るみどり。どうやら、小野塚は病院薬剤師を嫌っている様子で……。

テレビ東京では、3月5日(金)深夜1時53分より、キャストがほぼ"声優"のみで繰り広げられるコメディーミステリードラマ「声優探偵」を4週連続で放送することが決定しました(最終話のみ深夜2時8分より放送)。普段は声のみで演じる声優が、全身を使った演技でも視聴者を魅了する挑戦的なドラマです。左上から:小野友樹、増田俊樹左下から:金田朋子、浪川大輔ある事件をきっかけに声優を引退し探偵となった不零オサム(沢城千春)が、自身の持つ特殊能力、絶対音感ならぬ"絶対声感"を武器に事件の真相に迫り、被害者最後の声

ページトップへ
Twitter Facebook