羽生結弦、宇野昌磨、高橋大輔、紀平梨花という日本フィギュア界を代表する4選手の2019-2020シーズンに密着したオリジナルドキュメンタリー番組『2019-20 フィギュア激闘録』が、FODで配信中。#12「宇野昌磨 世界選手権2020 直前インタビュー」では、宇野が今シーズンを振り返りながら、フィギュアスケートを辞めようと思った瞬間や、全日本選手権で勝利した羽生への思いなどを語った。

日本テレビでは、2021年の読売巨人軍主催試合が、地上波では開幕戦からの3試合連続を含む19試合、BS日テレでは61試合、CS放送の日テレジータスとインターネット配信のジャイアンツLIVEストリーム・Huluでは全72試合が放送・配信、民放公式テレビポータル「TVer」では、5試合が配信される。

ページトップへ
Twitter Facebook