吉川晃司主演の5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)。7月14日に放送される最終話を前に、物語のキーパーソンを演じる佐野岳がコメントを寄せた。

同ドラマは、吉川演じる白髪の名探偵・由利麟太郎が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とバディを組み、数々の奇怪な難事件に挑む横溝正史原作のホラーミステリー。

7月7日放送の第4話から、2週にわたって描かれている最終章は、“由利麟太郎シリーズ”の中で最も有名な「蝶々殺人事件」が原作。ドラマ版では「マーダー・バタフライ」と作品名を変えたが、舞台は小説と同じく、国の重要文化財でもある大阪市中央公会堂がメイン。撮影も今年2月、実際に中央公会堂にて行われた。

前編となる第4話では、オペラ界のスター女優・原さくら(高岡早紀)が何者かに殺され、謎の怪事件が幕を開ける。さくらの夫・原聡一郎(大鶴義丹)、さくらのマネージャー・土屋恭蔵(鈴木一真)、マネージャー助手の雨宮順平(水沢林太郎)、若手女優の相良千恵子(吉谷彩子)、テノール歌手の小野竜彦(佐野)ら関係者が一堂に会したオペラ会場でさくらの遺体が発見される。しかし遺体はなぜかコントラバスケースの中に詰め込まれていた。

オペラ会場に来ていた由利もさくらの死を確認するが、その後、死んだはずのさくらの亡霊をみたと、聡一郎や楽団員たちが奇妙なことを言い出す。そんななか、今度は宿泊先のホテルで、雨宮が転落死する事件がおきて……というストーリー。

登場するすべての関係者が、さくらにほれ込んでいるという共通点があり、愛憎渦巻く複雑な人間関係が事件のカギを握る。さくらに一方的に思いを寄せる1人が、佐野演じるテノール歌手の小野。小野はレディーキラーの異名を持ち、また、さくらと親密な関係を疑われるモテ男。最終話で明らかになる“楽団の知られざる過去”を知るキーパーソンでもある。

数々のドラマで活躍し、その力強いまなざしが印象深い佐野に、今回の作品や共演者の印象、最終章のみどころを聞いた。

<佐野岳 コメント>
――「マーダー・バタフライ」の台本を読んだ時の感想をお願いします。

1回読んだだけでは、すぐに理解できないくらい難解で、さまざまな事実が複雑に絡みあうストーリーでした。複雑さの度合いが、ミステリー好きの人にも満足していただける内容になっているのではないかと思います。ミスリードを誘うような場面がいくつもあるので、そこにも注目していただければと思います。

――歌手・小野竜彦を演じるにあたり意識したことはありますか?

高岡早紀さん演じるさくら先生への愛情を一番大切にしたいと思いました。小野のすべての原動力が、さくら先生なので、まずは“さくら先生像”を自分の中で作り込んで演じました。

――横溝ミステリー『探偵・由利麟太郎』作品についての感想をお願いします。

横溝作品ならではの世界観がしっかりと表現されているのが、映像としても伝わるのではないかなと思います。

――主演・吉川晃司さんの印象や、撮影現場での様子をお教えください。

吉川さんとは『下町ロケット』で共演させていただいて以来2度目です。あと、実は僕、吉川さんのライブにも1度行かせていただいたことがあるんです。僕の人生で初めて行ったライブが吉川さんのライブでした。そのライブの時、吉川さんが指輪を無くされたんですよ。舞台上で、「ちょっと待ってくれよ。オレの指輪とれたよ!」って仰って(笑)。思い出深いです。すごく強いオーラを放ってらっしゃるので、緊張しちゃうかなと思っていたんですけど、とてもチャーミングな方で、おどけてみせてくれたり、男でもその魅力に魅せられます。

――志尊淳さんとの共演はいかがでしたか。

志尊君は、常に作品を良いものにしようと現場のことに気を配っていて、柔和な雰囲気とはギャップもあり、とても魅力的だなと思います。

――京都・大阪での撮影について。

京都はすごく好きです。京都東映撮影所は、役者とスタッフさんというより、人と人が仕事をしているというイメージで、変な隔たりがなくて、僕はやりやすいなと思います。田舎出身なので、京都の落ち着いた感じは好きですね。

――最終話のみどころ、視聴者へのメッセージをお願いします。

いろんな愛情の形があって、それゆえにどんどん複雑にこじれていく。単に愛情って、響きはいいですけれど、少し道を外すと、憎しみにもつながる危ういものだなと感じます。今回、複雑な愛情というものをキーポイントとして演じたので、そのあたりを楽しみにしていただければと思います。

<最終話あらすじ>
オペラ女優の原さくら(高岡)が何者かに殺された。その場に居合わせた由利麟太郎(吉川)も遺体を確認するが、その後、楽団員たちは、死んだはずのさくらの亡霊を見たと口をそろえる。その亡霊の謎が解けぬなか、今度は宿泊先のホテルでマネージャー助手の雨宮順平(水沢)が死亡。4階にあるさくらの夫・原聡一郎(大鶴)の部屋の窓が開いていたことから転落死と思われたが、遺体を確認した由利は、残された痕跡から絞殺だと確信する。

さくらに続く仲間の死に、さくらのマネージャー・土屋恭蔵(鈴木)、若手女優の相良千恵子(吉谷)ら楽団員たちが騒然とするなか、聡一郎の部屋を検証した由利は、次に三津木俊助(志尊)と、居合わせた小野(佐野)を連れて5階の衣裳部屋へ。そして再び部屋の中を調べた後、「雨宮くんはここから落とされた」と告げ、俊助を驚かせる。由利によると、嵐でホテルが停電しているさなか、雨宮は4階の部屋で殺害され、犯人によって5階まで運ばれて落とされたという。

さらに、事件の一部始終を説明しようと由利が等々力警部(田辺誠一)を呼び出すと、傍らにいた小野が重い口を開き……。はたして、雨宮は誰によって何のために殺されたのか? いまだ捕まっていない、さくら殺害事件の犯人と同一人物による犯行なのか。楽団員たちの複雑な人間関係と知られざる過去、さくらの亡霊の正体が次々と明らかに!

(左上から)森永悠希、小島藤子、岡部たかし、迫田孝也、(左下から)岩谷健司、瀧内公美、橋本じゅん長きにわたり、常に芸能界の第一線で活躍してきた秋元康だからこそ描ける「業界の裏側」を舞台にした原作を、主演・中井貴一、ヒロイン・鈴木京香の最強タッグ、脚本・監督・大根仁の超豪華布陣でドラマ化! ドラマの制作現場で繰り広げられるドタバタ劇とラブストーリーを、テレビ東京史上最高スケールでお届けする、この秋の新ドラマ「共演NG」(10月26日(月)放送スタート)。かつては恋人同士だったが、破局後、長らく共演

ページトップへ
Twitter Facebook