日向坂46は強敵の高学歴女芸人チームを退けられるか!?

7月6日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系、毎週月曜19:00~)は、日向坂46から、渡邉美穂丹生明里金村美玖松田好花ら第2期生のメンバーが“日向坂46チーム”として登場。大久保佳代子オアシズ)、ゆりやんレトリィバァ山崎ケイ相席スタート)ら、“高学歴女芸人チーム”とクイズバトルを繰り広げる。

物の名前やフレーズに英語で答えて、タワーの頂上を目指す1stステージの「ハイパーイングリッシュブレインタワー」では、高学歴女芸人チームが日向坂46に宣戦布告。日向坂46に対抗して、“がれき坂46”を結成し、リーダーの大久保が「こんな小娘に負けるわけがない」と挑発する。そんな声にも動じない日向坂46の渡邉は「(英語)自信あります、好きです」と意気込むが……。今回の放送で一番の衝撃展開が1stステージで巻き起こる。

続く2ndステージは、1人1文字ずつ解答していき、全員で5文字の答えを完成させる「ハイパーファイブリーグ」。高学歴女芸人チームの山崎は「間違える気もしない」と虚勢を張るが、2025年に行われる国内の大イベントの名前が出てこず、スタジオを騒然とさせてしまう。対する日向坂46も、メンバー全員が「(クイズ)いけると思います!」と強気の姿勢。しかし、ニュースによく登場するある言葉にペンが止まってしまう。

10個以上の正解がある常識問題を制限時間内に答える3rdステージの「ハイパーボンバー」では、大久保が「負けるようなことがあれば、がれき坂46は解散します」と宣言。大量得点のチャンスを前にやる気十分の高学歴女芸人チームに対して、なにかと天然発言で不安要素の多い日向坂46の丹生が「大丈夫です! 任せて下さい!」とポーズを決める。他のメンバーからは「自信だけあるな」とツッコまれてしまうが、ここで丹生が意外な活躍を見せ、周囲の予想を裏切る結果に。

特別ボーナスステージ「トロッコアドベンチャー」への挑戦権を手にするのは、今人気の日向坂46チームか、それとも、がれき坂46こと、高学歴女芸人チームなのか。気になる勝敗の行方は放送で明らかになる。

有吉弘行、タカアンドトシ、アンガールズ・田中卓志が本気でオンラインゲームをプレイする「有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?」(毎週日曜夜10時)。4月18日(日)の放送は、オードリー春日と高田秋をゲストに迎え、「ロケットリーグ」をプレイ。「テレ東プラス」では、特別に先取りで番組内容を紹介します。「本当にありがとうございます。感謝しています」と有吉が拝んでいるのは、今回収録する場所を提供していただいた、5つ星ホテル「ヒルトン東京」。感謝の気持ちをたっぷり込めてご挨拶した後は

ページトップへ
Twitter Facebook