林遣都

林遣都が、6月11日(木)23時から放送されるソーシャルディスタンスドラマ『世界は3で出来ている』(フジテレビ系)で主演を務めることがわかった。林は唯一の出演者で、一卵性三つ子役=一人三役を熱演する。また、脚本は『連続テレビ小説 スカーレット』の水橋文美江、監督は2020年新春に『フジテレビ開局60周年特別企画 教場』を演出した中江功が担当する。

アフターコロナ、ウィズコロナ……緊急事態宣言が解除されても、まだまだ私たちの世界はもとのようには戻らない。コロナ禍の日々はしばらく続くだろう。そんな日常の中で、出来ないことを面白がり、限られた制約をあえて楽しもうと生まれた企画。

とはいえ、奇想天外なファンタジーでもSFでもゾンビものでもない。どこにでもいそうな若者三人のアフターコロナ、ウィズコロナの今を切り取ったリアルな物語だ。ただしこの若者三人……この状況では密な撮影が無理ということで、三つ子という設定に。

今回の緊急事態宣言で、「うちで過ごそう」「今は我慢」「Stay Home 」「自粛しよう」。思ってもみなかった現実を過ごさざるを得なかった日々。人々はどう感じたか。辛く、しんどいと感じた人、淡々と受け止めた人、楽しもうと試みた人など、ドラマは人の数だけあったはず。

ポジティブに受け止めることが出来た人がいたら?「素晴らしかった」と思える人がいたら? それは人間のたくましさ、生きることを明るく照らす光となり得るのではないだろうか? 緊急事態宣言解除後に再会した若者三人の姿を通じ、ほんの一瞬でも生きることの楽しさ、おもしろさ、光を感じられる作品になればという願いが込められている。

なお今作はいわゆるリモートドラマというくくりではなく、リモートによる打合せと、密を避けての安心安全な撮影を徹底した、いわばソーシャルディスタンスドラマである。

林が今回演じるのは、商事会社勤務・望月勇人(もちづき・ゆうと)、会計士・望月泰斗(もちづき・たいと)、茨城在住の農園経営・望月三雄(もちづき・みつお)。29歳の一卵性三つ子。林が一人三役を演じるのはもちろん初めてのこと。今、この時期だからこその企画と、林の演技に注目したい。

監督の中江からコメントが到着。以下に、紹介する。

――企画意図について。

今回の予期せぬ状況下においても知恵と工夫を凝らし、さまざまなリモートによるドラマ作品が生み出されてきました。それらに取り組まれた方々の志、思いに感銘を受けたのが始まりです。“今だから”というよりは、“これから”を念頭に、「緊急事態宣言」解除後の“新しい生活様式”、“ソーシャルディスタンス”を守った上で、どうすれば脚本に描かれた世界を撮影できるかを考えました。ジェームズ・キャメロンのように ウイルス対策が功を奏したニュージーランドで撮影するか、トム・クルーズのようにISS (国際宇宙ステーション)で撮影するか、林遣都さんに3役やっていただくか、の3択で林遣都さん3役を選びました。

――主演の林遣都のキャスティングに関して。

彼以外に考えられないので、断られたらこの企画はなかったことにしようと思っていました。引き受けていただいて感謝しています。

――視聴者の方へのメッセージ。

リモートドラマというより、ソーシャルディスタンスドラマと勝手に名付けました。 お休み前のひととき、林遣都劇場をどうぞまったりとお楽しみください。

<あらすじ>
望月勇人(もちづき・ゆうと)、商事会社勤務、29歳。子供の頃から明るくお調子者で、すべてノリで生きてきた。今の会社も亡き父のコネで入ったのだが、入社してはや7年。さすがに仕事はノリやコネだけでは乗り切れず、すっかり落ちこぼれのサラリーマン。自他ともに認めるポンコツ。会社を辞めたいとすら思っていたところに今回の緊急事態宣言。テレワークやオンライン会議という仕事環境が一変したこの3か月で勇人はいったいどうなったか……。宣言が解除されたある日、勇人を案じていた兄・泰斗(たいと)と弟・三雄(みつお)が勇人の元にやってくる……。

逢沢りなが、7月10日に放送される栗山千明主演の金曜8時のドラマ『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』(テレビ東京系、毎週金曜20:00〜)の最終話(第10話)にゲスト出演する。逢沢が演じる香澄と交際した相手は次々に不審死を遂げていて……。 宇梶剛士 椎名香奈江 野村修一

ページトップへ
Twitter Facebook