坂上忍、GACKT

4月9日の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)は生放送で、感染拡大が止まらない「新型コロナウイルス」を特集する。番組では海外在住の作家でミュージシャンの辻仁成とミュージシャンのGACKTに生電話をつなぎ、ロックダウン(都市封鎖)中の現地の様子を聞いていく。

同番組は、世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、MCの坂上が追跡&直撃し、真相を突き止めていく“ジャーナリズムバラエティ”。なお、スタジオゲストとしてカズレーザーメイプル超合金)、二木芳人(昭和大学客員教授)、三鴨廣繁(愛知医科大学医学部教授)が出演する。

辻が16歳の息子と暮らすフランス・パリは、先月17日から外出制限の措置がとられている。ロックダウンから約3週間たったパリの閑散とした様子や外出が制限された不便な生活などについて明かす。また、現地では新型コロナウイルス感染の自覚症状として、日本ではほとんど知られていない“前兆”があるという。ロックダウンの街・パリならではの新型コロナウイルス事情は、日本にも参考になりそうだ。

また、マレーシアの首都・クアラルンプール在住のGACKTは生テレビ電話で出演。マレーシアは、3月18日から4月14日までの約1か月、全土に「活動制限令」が発令されている。外出が大きく制限されている状況の中、世界の情勢をつぶさに観察するGACKTは、“緊急事態宣言”が出されたばかりの日本に警鐘を鳴らす。世界のロックダウンが解除された後、日本を襲うかもしれないある危険とは?

そして、日本では感染経路を終えないケースが増えている今、もはや感染は他人事ではなくなっている。もしも同居している家族に感染の疑いが出たら、家庭内感染を防ぐために一体何をすればいいのか? 意外と知られていない対策について知るため、番組では感染症に詳しい専門家に緊急アンケートを実施。自宅でどのように「隔離」したらいいのか? トイレや浴室などの共用スペースはどうしたらいいのか? 洗濯はどうするのか? など身近な疑問を独自のドラマで描き出す。専門家ならではの数々のアドバイスとは?

ページトップへ
Twitter Facebook