いちご農家・山中歩

3月31日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、グローバル企業のエリート研究スタッフからいちご農家に転身し、美味しいいちごを研究し続ける山中歩(38歳)の7つのルールに迫る。

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高本谷有希子YOU若林正恭オードリー)。ナレーションは、小野賢章が務める。

山口県、岩国市で夫と共にいちご農園を経営している山中。畑の規模は、決して広くはないが、その分丁寧に育てられている彼女のいちご。もぎたての完熟いちごを直接販売している小屋には、連日行列ができる。手間ひまをかけて育てられているにも関わらず、その価格は小粒で1パック450円、中粒でも540円と、ごく一般的な相場だ。

味よし、価格よしのいちごを育てている彼女だが、かつては世界規模の農薬メーカーに勤めるエリート研究スタッフだった。グローバル企業での恵まれた待遇を捨て、なぜ農家に転身したのか? そこには、ある理由があった。

1981年、大阪府生まれの山中。果物農家だった祖父の作る梨が大好きだった。農家の役に立ちたいという夢を持ち理系の大学院で研究。その後、農薬メーカーの研究スタッフとなったが、入社早々に大きな矛盾を感じてしまう。農薬は、天候や病気の影響で作物が不作の時に売れる。農家が苦しい時期に会社の売り上げが伸びるのを、彼女は喜べなかった。

会社を退社し、夫婦で2年間の農業研修などを経て夫の故郷、山口県にいちご農園をオープン。最初は、育成に失敗したこともあったが、3年目になり軌道に乗り始めた。現在11年目となる。おいしいいちごを育てるために、彼女は今もさまざまな研究を続けている。なぜ、そこまでひた向きになれるのか?

スタジオでは、“好きな果物ランキング”の話題になり、YOUが迷うことなく「いちごが1位!」と話す中、他の3人は、それぞれにマンゴーやシャインマスカット、梨などの魅力を語り出す。しかし、収録当日の朝に採れたばかりの山中のいちごを口にした若林は、「酸味もしっかりあって甘みもすごい! すみません、参りました!」と話し、“好きな果物ランキング”に変化が起きる!? さらに、山中のあるルールから、夫婦喧嘩をするかどうかの話題になると、若林は「お互いに50と50の間を探すタイプ」と語る。一方、青木は奥さんが不機嫌な時につい言ってしまったある言葉を明かし、スタジオは笑いに包まれる。

11月1日(日)よる9時からは、「モヤモヤさまぁ~ず2」を放送! 今回は「志村さんの街!東京・東村山をだっふんだ散歩」をお届けします。【番組内容】●志村さんが愛した焼き団子に感動●謎すぎる爆笑やぐらを妄想●東村山のB級グルメ! 黒焼きそばに感動●三村節炸裂! お礼写メお守り?●茨城弁の玉子焼き屋さん&新! 越谷技出演者 さまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ) 田中瞳(テレビ東京アナウンサー)【テレ東文化祭で「さまぁ~ず東京」を開演!】毎日が文化祭!!?? そんなテンションで番組作りをするテレビ東京

ページトップへ
Twitter Facebook