メインカット

菅田将暉が主演を務めた映画『帝一の國』が、4月6日(月)21時からフジテレビ系で放送される。

原作は古屋兎丸の同名コミック。全国屈指の頭脳を持つエリート学生たちが通う、超名門・海帝高校を舞台に繰り広げられる“学園政権闘争コメディ”。菅田のほか、野村周平竹内涼真間宮祥太朗志尊淳千葉雄大永野芽郁吉田鋼太郎ら豪華キャストが出演する。

<あらすじ>
全国屈指の頭脳を持つエリート学生たちが通う、超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一(菅田)。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。そのためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「2年後の生徒会長選挙で優位に立つためには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」誰よりも早く、野望への第一歩を踏み出す帝一。しかし彼を、想像を絶する罠と試練が、友情と裏切りが待ち受ける!

竹財輝之助、猪塚健太、吉田宗洋、三木康一郎監督が登壇し、1月16日(土)に無観客で行われた『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』の映画化記念イベントの模様が、1月22日(金)24時より、FODで配信されることが決定した。

ページトップへ
Twitter Facebook