2月23日の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系、毎週日曜14:00~)は、「花子と大助 ~余命宣告から夫婦の700日~ 前編」と題して放送。血液のがんに侵され余命半年と宣告された宮川花子と、彼女を支える夫・宮川大助に700日にわたって密着する。

夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子。コンビ結成から41年目。結婚後コンビを結成し、デビュー直後から様々な漫才賞レースをものにし漫才師としての「地位」を確立、2017年には紫綬褒章を受賞し「名誉」を手に入れ、おしどり夫婦として知られるように「幸せ」も手にした2人。全ては、44年にわたり夫婦として共に歩んできたから……。

2018年3月、そんな2人を突如悲劇が襲う。「余命半年」。余命宣告を受けたのは、妻・花子だった。腰の骨に見つかったがんは、すでに歩くことも困難なほど、花子の体を蝕んでいた。そこで、大助が下した決断は、周囲にがんを隠しての放射線治療。花子ががんを患うのは実は2度目。34歳のときに、胃がんになり摘出手術の末、その後の転移も見られず完治していた。その後、大病と闘っていたのは、大助の方だった。「脳出血」「腰部脊柱管狭窄症」と2度にもわたり、命の危険と闘っていた。その間、大助の看病をし、ひとり舞台に立ち続け、宮川大助・花子を支えていたのは花子の方だった。

治療開始から約10か月。放射線治療が功を奏し、一時、癌を克服したかに思えた花子だったが、今度は全身にがんが転移していた。診断は「症候性多発性骨髄腫」。花子は、再び「余命半年」の宣告を受けてしまう。血液のがんが全身に広がり、花子は立つどころか、下半身がマヒし足を動かすことすらできなくなってしまう。花子は、がんを克服できるのか……夫婦で病と闘った700日に密着した。

正直、スペースが足りません!現代日本漫画の礎となった「貸本漫画」のストリーム。さまざまな評論家・研究家・オタクの皆さんも語られていますが、そのあたりの情報を全てコンプリート。且つ事実と異なる知識は修正しつつ、さらに知られざるエピソードも盛り込んだ「完全版・日本貸本漫画史」......の省略版を、ここに発表したいと思います。解説をしてくださるのは、"生ける漫画のグーグル先生"(勝手に命名)こと、漫画家のみなもと太郎先生。7時間に及ぶインタビューから得られた貴重な情報の数々から、貸本漫画・激動の歴史

ページトップへ
Twitter Facebook