山本美月、眞栄田郷敦

山本美月眞栄田郷敦が、3月31日(火)21時30分から放送されるドラマ『U-NEXT presents あと3回、君に会える』(カンテレ・フジテレビ系 ※サッカー中継により開始時刻が遅れる可能性あり)で初共演することが明らかになった。また、地上波放送後に動画配信サービスU-NEXTからもう一つのドラマ『U-NEXT presents 君と会えた10+3回』が独占配信される。

本作は、山本演じる小さな映像制作会社につとめる主人公・玉木楓と、眞栄田演じる謎めいた男性・征史郎とのラブストーリー。イケメンシェフで有名なキッチンカーの短期バイトで働く征史郎と、シェフの密着取材中に出会った楓が、「大切な人との時間の尊さ」というテーマを軸に繰り広げていく、淡く切ない恋愛物語だ。

『あと3回、君に会える』ではヒロインの楓目線で物語が進み、『U-NEXT presents 君と会えた10+3回』では楓が恋する征史郎目線で描かれることに。地上波×配信の組み合わせで、ひとつの物語を視点を切り替えて描くことによって、ストーリーをより立体的にとらえることができるという新たな取り組みになっている。

主演をつとめる山本は「このような心が温かくなる作品でお声がけ頂けて嬉しいです。それぞれの目線違いで、見ていただく方の物語の受け止め方もまた変わってくるので、2回楽しめると思います」と手応えを明かし、眞栄田については「まだお会いしたことがないのでどんな方なのか、どんなお芝居をされるのかとても楽しみです!」とニッコリ。

一方、眞栄田は「初めてタイトルを見た時は、非現実的なラブストーリーという印象がありました。でも脚本を読んでいくうちに、非現実的だと感じていたものが、実は人としてどこかで忘れかけていた大切にすべき事、現実的な事だったということに気づきました。色々なことを考えさせられるうちに涙が溢れていました」とエピソードを披露し、「征史郎という不思議かつ魅力的な男を、早く演じてみたいです」と気合十分。

共演する山本については、「明るくて芯の強そうな方。でもその中に独特な感性を持たれている印象です」と印象を明かし、「どんな楓に会えるのか楽しみです」と笑顔を見せた。

またドラマのタイトルにちなみ、「目の前の人に“あと3回会える”と数字が見えてしまったらどうするか?」と聞くと、山本は「ネガティブに受け取りたくないのですが、わたしは数字に捉われてしまい、あまり深い付き合いはできなくなってしまうのかな……?」と答え、眞栄田は「その人との残りの3回という時間を一緒に素敵なものにしたいです」と、それぞれの捉え方に違いも。

最後にドラマを通して伝えたいことを尋ねると、眞栄田は「人が生きていく上で、出会いがあり必ず別れがある。でもあと何回会えるかなんてわからない。いつも当たり前のように過ごしていると、気づかないことがたくさんあり、時間だけがただ通り過ぎていく。わからないからこそ一分一秒を大事にしたいです。視聴者の方々にも、改めて時間や人の大切さについて考え、ドラマを見終わったあと、いつもそばにいる人に、新しい気持ちで会って頂けたら嬉しいです」とアピール。

山本も「そばにいる人の大切さ、別れの悲しみや出会いの喜びを、当たり前に過ごしていく日々のなかで、改めて尊いものなのだとこのドラマを通して感じていただけたらと思います」と期待を寄せた。

今回、ドラマを演出するのは、大手企業のTVCMを始め、2017年には『東京喰種 トーキョーグール』で長編映画監督デビューを果たした萩原健太郎。また、脚本は大島里美が担当する。

そして主題歌は、Official髭男dismの「最後の恋煩い」に決定。Official髭男dismは「“恋煩い”というものは、本来たくさんあって幸せかというと、そういうわけでもないものに思います。悩みは少ないにこしたことないですし、ハードな恋煩いは時として日常生活をも狂わせてしまうものです。ですが、それだけ悩める人生の鮮やかさ、充実さは皮肉なことにある種の魅力を持っているようにも思えます。そんな“もう最後の恋煩いにしよう”“クヨクヨ悩むのはやめよう”という決意虚しく、また誰かを思い、憂いてしまう、幸か不幸かも解らない連鎖の歌です。この楽曲がドラマに寄り添い、彩りを加える事ができれば、幸いです」とコメントを寄せている。

さらにこの主題歌のほかにあと2曲、Official髭男dismの曲が使用されるとのこと。ドラマの中でどの曲がかかるのか、期待が高まる。

全世界での総発行部数が800万部を超える夢枕獏原作の大ヒット小説『陰陽師』。シリーズ最強の敵・平将門が登場する長編作品『瀧夜叉姫』が初めて映像化、本日3月29日(日)に放送される。 陰陽師・安倍晴明を演じるのは、佐々木蔵

ページトップへ
Twitter Facebook