高畑充希が、2月5日に放送される『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00~)に3年ぶりに登場。TOKIOと恋愛についてトークを展開する。

同番組は、TOKIOメンバーとゲストが、駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティ。

今回は“完全に好きアピ警察24時”と題した企画で、男子が女子からされたら“俺のこと好きかも”と思い込んでしまう行動をTOKIO刑事がボードにあげられた一覧表から選び、“好きアピール=クロ”か“意識していない=シロ”の“シロクロ判定”を唯一の女性刑事の高畑に判定してもらうというもの。

まず長瀬智也が選択した行動は、“飲みの席でボディタッチでツッコむ”。選んだ理由は、「普段ボディタッチをしそうな人がしたらあまり気にならないけど、想像できない人にされたら“え!?”と動揺してしまいますよね」と語り、その真剣さに一同爆笑。高畑のジャッジは“シロ”。「関西はツッコむためにたたくことが文化としてあるので、西の女はシロ、東の女はクロですね!」と大阪出身ならではの分析結果を明かす。さらに、“男性が着ていた服を借りる”のは「シロ。女子は本当に寒い時があります」と答える高畑。納得できない様子のメンバーたちを代表して国分太一が「本当に寒いの? って、聞かないといけないのよね?」と食い下がるも、「そんなに貸したくないならいいよってなります」と繊細な女心を吐露する。また、“元カノのことを聞く”のは「シロ。男友達にも普通に聞きます」と回答する高畑に対して、「自分の気持ちに気がついてないだけじゃない?」「素直になって!」とTOKIOがアドバイスをする一幕も。そして、松岡昌宏は「これをされたら、俺は明日の仕事が何時からか確認します」と選んだのは“肩に頭のせる”。その場で松岡と長瀬がやってみせて「これは絶対クロ!」と自信満々だが、気になる高畑の判定は……?

また、先週ゲストとして出演した蒼井優とは親友の間柄の高畑。蒼井から「みっちゃん(高畑)はお尻が長いらしい」と暴露されていた。一方、高畑は蒼井について「プライベートでカメラを向けると絶対手を広げます。止めたいのに! って言いながらいつも広げている」と明かす。そんな高畑自身も「プライベートでの写真の撮り方がわからないんです」という悩みをTOKIOに相談。写真を撮るときの“充希はこれだ”というキメポーズをみんなで考えることに。収録後の写真撮影で早速高畑がそのキメポーズを実践する。

収録後の高畑からコメントが到着。以下に紹介する。

<高畑充希 コメント>
――3年ぶりの収録を終えての感想。

すごく楽しかったです。特に、“完全に好きアピ警察24時”では男女の気持ちの差がわかっておもしろかったです。私が変わっているのかな? と思う瞬間もありましたが(笑)、いろんな人に聞いてみたら回答が変わってくるのかなと思います。

――いちばん女性に気をつけた方がいいなと思ったTOKIOのメンバーは?

長瀬さん(笑)。ピュアな方です(笑)。

――視聴者へ見どころとメッセージを。

写真を撮る時のキメポーズをひとついただいて勉強になりました。早速使わせていただきました!

お笑いコンビの空気階段(鈴木もぐら、水川かたまり)とレインボー(ジャンボたかお、池田直人)が、7月31日に放送された『ゴッドタン』(テレビ東京系、毎週土曜25:45~)に出演し、出演者から絶賛される場面があった。

ページトップへ
Twitter Facebook