シーンカット

二階堂ふみGACKTがW主演を務めた映画『翔んで埼玉』が、2月8日(土)21時からの土曜プレミアム枠にて放送されることが決定した(一部地域をのぞく)。

2019年、空前の埼玉ブームをもたらした、あの話題沸騰のコメディ大作が、早くも地上波初登場。「第43回日本アカデミー賞」の12部門をはじめ様々な映画賞を受賞し、観客から支持を集めた本作を、完全ノーカットで放送。二階堂とGACKTのほか、伊勢谷友介、ブラザートム、麻生久美子島崎遥香成田凌(友情出演)、中尾彬間宮祥太朗加藤諒益若つばさ武田久美子麿赤兒竹中直人京本政樹が出演。監督は『テルマエ・ロマエ』シリーズの武内英樹が務めた。

また番組の終わりには、本作のスタッフが手掛け、福田雄一が監督を務めた映画『ヲタクに恋は難しい』(2月7日公開)の映像も放送される。

<あらすじ>
その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けており、身を潜めて生きるしかなかった。埼玉県民は通行手形がなくては東京に出入りすらできず、見つかるとすぐに強制送還をされてしまうことに。埼玉県民は誰もがこの理不尽で不自由な生活から逃れたいと願っていた。いつの日か、埼玉を救う、救世主が現れないものかと……。これは埼玉県解放を成し遂げるべく戦いを挑んだ者たちの愛と革命の物語である。

アニメ『名探偵コナン』の劇場版最新作『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開(4月17日)を記念し、3月20日(金)から 劇場版『名探偵コナン』4作品(『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』『名探偵コナン ゼロの執行人』)がHuluで先行配信されることがわかった。

ページトップへ
Twitter Facebook