2020年1月2日(木)15時45分に放送される明石家さんまMCのお正月特番『新春大売り出し!さんまのまんま』(カンテレ・フジテレビ系 全国ネット)に、田中圭、白鵬&炎鵬&石浦、藤田菜七子が出演する。

番組初登場となる田中。まずは「さんまさんをイメージしました!」と特徴あるフラワーアレンジメントをプレゼントする。イケメンな田中の顔をじっと見て、「男前だけどスケベそう」と言うさんまに、田中は苦笑いを浮かべながらも、“女性を見る目”の変化について語る。

さらに、お土産にと持参したのは、体を鍛えるマシーン。普段はほどよく運動しているという田中だが、この収録前日に過度な負荷を体に与えてしまい、膝を痛めていると告白。さんまの爆笑を誘ったつらすぎるエピソードを明かす。

収録を終えた田中は「めっちゃ緊張しました」と回顧。初出演のさんまの印象を「想像以上に……やっぱりお優しい方なんだなあと思いました。トークも本当に考えながら優しく包んでくれるんだなと」と明かし、「緊張しましたけど、楽しかったですね」と笑顔を見せる。

年末年始の過ごし方を聞くと、「毎年ずっと大みそかから元旦にかけて二年参りにいってまして、31日は、うちで仲間と忘年会して、夜11時くらいに家を出て、みんなで一緒に神社に行って解散する、っていうのを8年間続けてたんです。ただ、2019年は『紅白』の審査員ということで、ちょっと今回はどうなるかなってソワソワしています」と明かす。

続けて、「新年あけましておめでとうございます。さんまさんの温かい空気感と元気な感じを“花”にしたお土産を持ってきたので、さんまさんのイメージと合っているかどうか番組を見てください」とメッセージを寄せている。

また、史上最多43回の優勝回数を誇る横綱・白鵬と、内弟子の炎鵬、石浦が登場。炎鵬は「田中みな実の大ファン」と公言しており、話題の写真集もすでに手にし「最高でした!」と満面の笑み。だが、田中をよく知るさんまからは「あいつはやめたほうがいいと思う」と、すかさず忠告が入る。

一方、石浦は結婚しており2児の父。妻とは、白鵬の付き人をしているときに出会い、一目ぼれをしたと明かすと、「白鵬が狙っていたのでは」と、勘を働かせたさんまから「一番やっちゃいけない……」と、こちらもダメ出しされてしまう。

入門時には、2人とも白鵬から直々に熱い言葉で角界入りを勧められたエピソードなども告白。「人生は一度きり……」という体が小さかった炎鵬に、白鵬がかけた“言葉”に、さんまも深く感心する。

また、炎鵬は、スポーツ選手としては意外な食べ物が嫌いだと明かすほか、相撲ファンの女性“スージョ”から「エンジェル」と、呼ばれているとうれしそうに報告する場面も。

さらに、白鵬特製のちゃんこ鍋に舌鼓を打っていると、普段から交流があるという“相撲芸人”のあかつキンボシ西田淳裕も合流。あかつはマニアックな相撲モノマネ、西田は細かすぎる力士情報を次々と披露し、場を盛り上げる。

そんな白鵬らの元に合流したのは、女性騎手として大人気の藤田。収録が行われた数日前に女性騎手初のJRA+地方交流通算100勝を達成したばかりの藤田は「いい時代にジョッキーをやらせてもらっている」と話し、その謙虚で控えめな姿勢にさんまも思わずうなる。

騎手学校時代の話や普段の生活など、藤田に興味津々のさんま。「いい人を紹介してほしい」という藤田にすかさず、「目の前にいますよ」とアピール。競馬が趣味のさんまだけに、藤田から「馬主にならないんですか?」と勧められると、さんまが意外な過去を明かす。

このほか、有村架純石原さとみ今田耕司田中将大らも出演する。

所ジョージがMC、佐々木希がレギュラーパネラーを務める知的バラエティ『所JAPAN』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)。6月8日の放送は、コロナ禍の裏で起こっていた流行や歴史的新発見など、意外な日本の姿を調査する。

ページトップへ
Twitter Facebook