2019年のブームとなった「タピオカ」や「高級バッグ借り放題サービス」などの仕掛け人たちに宮根誠司が「ぶっちゃけどれくらいもうけたんですか?」と迫っていく特別番組『宮根誠司の日本もうけ話2019』(フジテレビ系)が、12月30日(月)8時から放送される。ゲストでギャル曽根グローバービビる大木が出演する。

令和元年の日本にブームを仕掛け大成功し、商売繁盛したであろう人たちに宮根が迫っていく。今回の収録は2019年11月にオープンした渋谷スクランブルスクエアの共同オフィススペースで行われた。いろんな起業家たちが集い、新たなビジネスチャンスが日々生まれているという、まさに“もうけの誕生地”ともいえる場所で収録された。まず、取り上げるのは2019年空前のブームとなったタピオカ。2018年から現在にかけて日本全国で毎月200店舗ずつ開店し、現在、専門店は約3000店舗が乱立しているという。タピオカ入りのドリンクを飲むことを「タピる」という造語も誕生し、「2019ユーキャン新語・流行語大賞」ではトップテン入りを果たした。

そんな“タピオカブーム”の仕掛け人たちの中で、最ももうけたのは誰なのか? タピオカ専門店で調査を進めると番組はひとりの人物にたどり着く。日本国内に初めて工場を作り、日本で消費されるタピオカの3分の1を製造する有限会社ネットタワーの代表取締役、江野俊銘氏だ。工場では1日10トン、タピオカティー約50万杯分を製造しているという。2019年は需要が多すぎて注文を断ってしまったことを江野氏が話すと、宮根が「もうけ話を逃した!」と言わんばかりに悔しがる一幕も。また、テレビで製造過程を公開したことがきっかけで技術を盗まれた過去を明かす江野氏。そんな中「今からまねされても負けない自信があります」と語り、今回特別に製造工程を公開する。

他にも、売上金額が18億を超える「高級バッグ借り放題サービス」の仕掛け人、ラクサス・テクノロジーズ株式会社代表の児玉昇司氏がスタジオに登場する。会員数30万人以上、開業4年間で急成長を遂げるビジネスの驚きの“もうけ術”とは? また、学生時代から起業していた児玉氏の経歴に迫る“もうけ年表”が登場。来年会社をニューヨークへ進出させるにあたり投資家を募っているという児玉氏に、「一口いくらですか?」と尋ねる宮根だったが想定外の規模に一同仰天! しかし、投資家になれなくともラクサスのサービスを活用してもうけられる方法を紹介する。「自分が動かなくてもかばんが稼いでくれる」と感嘆の声を挙げる、驚きの活用術とは?

さらに宮根は、“業務スーパー”に人生で初めて入店。“業務スーパーファン代表”のギャル曽根と共にその安さの秘密に迫っていく。「こんにゃく1.5kg」「焼き鳥50本入り」など業務スーパーならではの商品のボリューム感に圧倒される宮根。ギャル曽根が紹介するオススメ商品、業務スーパーのアンケートで分かったオススメ海外直輸入商品も。最後に「フランチャイズ制です」ともうけ話を持ちかけられた宮根の顔が本気になり……。

ページトップへ
Twitter Facebook