ディーン・フジオカ主演の月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)最終回が、12月16日に放送。インターネット上では、ついに登場した宿敵・守谷と、ディーン演じる誉獅子雄が対峙したシーンに視聴者から多くの反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、アーサー・コナン・ドイルによる世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を原作としたミステリーエンターテインメント。原作の魅力はそのままに、舞台を“令和の東京”に移し、“シャーロック・ホームズ”にあたる獅子雄と、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一(岩田剛典/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が難事件に挑む姿を描く。

獅子雄と守谷の対決が期待された最終回は、かつて獅子雄の推理により逮捕された元警視庁捜査二課の職員・市川利枝子(伊藤歩)を含む男女4人の被告が拘置所から脱走したニュースから始まる。その中には守谷も含まれていると知り、獅子雄の表情は硬くなる。一方、警視庁では江藤礼二(佐々木蔵之介)が刑事部長と副総監(篠井英介)に呼び出され、前公安部長が守谷から金を受け取っていたことを聞かされ、殺してもいいから脱走犯を捕まえろと圧をかけられていた。

守谷を探す獅子雄は、守谷を逮捕したのが江藤であることを知り、直接、江藤に詰め寄る。しかし、これまでとは異なり江藤は獅子雄への情報提供を拒否し、両者は決裂。兄・万亀雄(高橋克典)や都知事の鵜飼昇平(大鶴義丹)からも「守谷の件から手を引け」と言われる。

獅子雄は若宮と、市川のもとへ。市川は獅子雄家族の過去を調べており、「万亀雄を殺すから仲間になって」と持ちかける。しかし、獅子雄は「これまで見たことのない悪(守谷)に会ってみたい」と、石川から守谷の居場所のヒントを聞き出す。そこに乗り込んできた江藤に、市川は逮捕される。ほどなくして、またもや拘置所から脱走者が出る。市川のヒントを推理した獅子雄は、若宮と江藤を巻き、1人で守谷の元に向かい念願だった守谷との対面を果たす。その後若宮、江藤が駆けつけると、獅子雄と守谷は揉み合いになり……。

衝撃のラストにネット上では「獅子雄ーーー!!!!!帰ってきて!!!!!若宮ちゃんが待ってるよ!!!!!」「獅子雄が無事かどうか確認できるまでこのドラマ終わらない」という声が挙がっていた。次週12月23日21時からは、本編のその後を描く『シャーロック特別編』が放送される。

ページトップへ
Twitter Facebook